住宅メーカーのアンケートに答えたら、素敵な製品が当たりました【倉敷帆布】

懸賞
スポンサーリンク

こんにちは、つとむです。

以前、富士住建さんという住宅メーカーが発行している「ここちライフ」という冊子を読む機会がありました。

その中にプレゼントキャンペーンの記載があったので応募したところまさかの当選!
先日商品が送られてきました。

商品に同封されていた封書です。

 

応募したこともすっかり忘れていたので、商品が届いたときはとても驚きました。

さらに嬉しかったのが、当選した商品が「倉敷帆布エプロン・モノイレセット」だったこと。

倉敷帆布さんのことは以前から知っていて、オンラインショップなども見ていたのですが、素敵な製品であるがゆえにお値段もお高めなので、まだ購入したことがありませんでした。

スポンサーリンク

倉敷帆布(くらしきはんぷ)とは

倉敷帆布とは、帆布という丈夫な織物を使った製品を販売しているブランドです。

バッグやファッション小物、キッチン雑貨や文具など、幅広く展開しています。

帆布は別名「キャンバス」と言い、体育の授業で使う跳び箱の最上段や体操マット、お相撲さんが使っているまわしなどに使われています。

 

今回キャンペーンに当選したことで、初めて手にすることが出来た倉敷帆布さんの製品を、今日は紹介していきたいと思います。

倉敷帆布のエプロン・モノイレセット

今回いただいた商品はこちらです。

袋や中の紙にも記載がありますが、今回いただいたのはJOBU(ジョーブ)というシリーズの製品でした。

倉敷帆布さんのホームページを拝見したところ、JOBUは倉敷から生まれた帆布のプロダクト(製品)シリーズで、ファッション雑貨・キッチン雑貨・インテリア雑貨を中心に展開しているそうです。

 

商品が入った袋が3つありますので、1つずつ紹介していきたいと思います。

カフェエプロン(灰白)&ポケット(藍)

1つ目の袋に入っていた製品はこちらです。

写真下の商品がカフェエプロン、写真上の商品がエプロンに付けることの出来るポケットです。

まずはカフェエプロンを紹介します。

広げてみるとこうなります。

カフェエプロンなので、腰に巻いて使用するタイプのものです。

楽天でも販売されていました。エプロンを身に着けた状態の写真が掲載されていますので、ご参考までに。

 

つづいては素敵な藍色のポケットです。

こちらのポケットは、カフェエプロンの紐の部分に取り付けることが出来ます。

ポケットにはスナップボタンが付いているので、エプロンの紐を挟んでぱちっと留められるようになっています。

倉敷帆布さんのオンラインショップでは、ガーデニングをするときに使用するイメージの写真が掲載されていました。ポケットにはハサミなどを収納すると、使い勝手が良さそうです。

モノイレMまたはL(芥子)

二つ目の袋に入っていたのはこちら。

芥子(からし)色のモノイレ MまたはLサイズです。

サイズに関してですが、オンラインショップで調べたのですがはっきりと判別がつかず…
おそらくMサイズだとは思うのですが、念のためこのように記載しました。

広げてみると、大きめの収納ケースになりました。

マチも相当大きいので、タオルや本を入れたりと色々な使い方が出来そうです。

芥子色がとても素敵です。さっそくどこに置こうか考えたいと思います。

モノイレミニSサイズとMサイズ(藍)

三つ目の袋にはこちらの製品が入っていました。

藍色のモノイレミニSサイズとMサイズです。

こちらも広げてみると、サイズ違いの収納ケースになりました。

それぞれ大きさが異なるので、色々な使い方が出来そうです。

ネットで紹介されていたのですが、文房具を入れたり、ティーバッグを並べて入れるのも可愛いです。
小さな植物を入れて飾っている写真もあり、とても素敵でした。

ちなみに、モノイレLサイズとモノイレミニS・Mサイズの大きさを比較した写真がこちらです。

芥子色と藍色の組み合わせがとても可愛いです。

ちなみに、最初に紹介したエプロン・ポケットと、最後に紹介したモノイレミニS・Mサイズに関しては、倉敷帆布さんのオンラインストアでお得なセット商品が販売されていました。

単品で購入するよりもお得なお値段になっていますので、セットで欲しいという方はオンラインストアでの購入をおすすめします。→倉敷帆布さんのオンラインストアはこちら

 

以上、今回当選した倉敷帆布さんの製品紹介でした。

初めて倉敷帆布さんの製品を手に取りましたが、造りがとてもしっかりとしていて、帆布製品の魅力を感じました。

シンプルなデザインなので、場所を選ばずに使うことが出来るのもうれしいポイントです。

さっそくどのように使おうか考えてみたいと思います。

 

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました