【遊中川】上野店限定のパンダだるまをご紹介します【中川政七商店】

パンダ
スポンサーリンク

こんにちは、つとむです。

前回のブログにて紹介した、福島県白河エリア観光PRイベント。

そのイベントにてだるまの絵付け体験に参加し、パンダだるまを作りました。

結果は少し怖い感じの仕上がりになってしまったのですが、実は我が家には、すでに可愛いパンダだるまが存在していたのです!

今日は我が家のパンダ第4弾として、可愛いパンダのだるまをご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

遊 中川のパンダだるま

我が家のパンダだるまがこちら。

遊 中川(ゆうなかがわ)というブランドの、エキュート上野店にて購入したものです。

 

中川政七商店が手がけるブランド・遊 中川

遊 中川とは、1716年に奈良で創業した「中川政七商店(なかがわまさしちしょうてん)」が手がけるブランドの一つです。

「日本の布ぬの」をコンセプトに、日本に古くから伝わる素材・技術・意匠と今の感覚をあわせたテキスタイルを提案するブランドです。

 

中川政七商店とは

中川政七商店とは、日本全国の工芸技術を活かしたものづくりをしているブランドです。

先程少し記載しましたが、1716年に奈良で創業、享保元年から300年かけてブランドをつくりあげたそうです。

日本の工芸を元気にするための取り組みを始めていて、製造小売事業だけではなく、コンサルティング事業や地域活性事業なども行なっているとのこと。

中川政七商店では素敵な商品を取り扱っているので、私も何度か購入したことがあります。

 

上野店での限定販売

中川政七商店が手掛けるブランド・遊 中川が販売しているパンダだるまですが、遊 中川エキュート上野店でのみ販売されています。

数年前に旦那さんが東京へ出張した際に、おみやげとして買ってきてくれました。

東京にはほとんど行く機会がないので、旦那さんには本当に感謝しています。

 

パンダだるまの可愛いところ

こちらのパンダだるま、正面から見てももちろん可愛いのですが、実は後ろ姿にも可愛いポイントがあります。

丸いふわふわのしっぽが付いているんです。

横から見てもかわいい!

 

こちらのパンダだるまは、だるまの本場である群馬県高崎市で作られています。
一体一体の表情が違うので、購入するときに旦那さんも相当迷いながら選んでくれたそうです。

普段は二体並べてリビングに飾っています。

旦那さんの話では、上野駅にはたくさんのパンダグッズが販売されているそうです。
私自身パンダのことを好きになってからは上野駅に行ったことがないので、近いうちにぜひ行ってみたいです。

 

おまけ:パンダだるまを並べてみた

先日のイベントにて私が絵付けをしたパンダだるまと、今日ご紹介したパンダだるまを並べてみました。

やっぱり全然ちがいます(;´Д`)!!

私が絵付けをしたパンダだるまは、人がパンダのかぶりものを着ているみたいになってますね。笑

前回のブログにも書きましたが、改めて目の書き方が大切だと感じました。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました