デンマーク生まれの小さなバラ。ポールセンローズの鉢植えをいただきました

インテリア
スポンサーリンク

こんにちは、つとむです。

先日知り合いから、ポールセンローズというミニバラの鉢植えをいただきました。

バラの鉢植えを手にしたのは今回が初めて。

さっそくご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

ポールセンローズとは

ポールセンローズのことを何も知らなかったので、ネットで調べてみました。

ポールセンローズは、デンマークで生まれたミニバラです。日陰に強いので室内でもつぼみから花開き、長い間花を観賞できる元気印。なかでも日本で売られているポールセンローズは、日本の気候条件に合った品種だけが厳選されているので、初心者の方にもおすすめのミニバラです。

引用元:LOVEGREEN

【プリントバスケット-501】2021 母の日 ギフト バラ ポールセンローズ 贈り物 贈答 プレゼント ミニバラ 花 植物

 

どうやら初心者でも育てやすい品種のようです。

 

コンパクトなサイズ感が可愛いポールセンローズ。袋から出した状態がこちら。

植物を育てるうえで大切な、水やりの方法も調べました。

ミニバラは、水が花や葉にかかると傷んだり、病気になりやすくなります。

受け皿などに水を入れて、そこに鉢を10分~20分ほど置いて底から水を吸い上げる底面給水がおすすめです。

お庭などで管理するときは、なるべく水がかからないように直接土に水をあげるようにしましょう。

引用元:LOVEGREEN

 

底面給水という方法は初めて知りました(@_@)

▼水やりの頻度はこちら。

  • 夏:1日に1~2回
  • 春・秋:3~4日に1回
  • 冬:5~6日に1回

 

白い鉢カバー

急きょ鉢植えをいただいたので、何かいい鉢カバーがないか探したところ、自宅にちょうどよさそうなものがありました。

こちらの鉢カバー、実はブログを始めるだいぶ前に買った、アクアテラポットというシリーズのものです。


【とっても簡単!白いアクアテラポットのプミラ】【観葉植物】【ギフト】【インテリア】【水耕栽培】

 

アクアテラポットは、植物が植えられたインナーポットと、外側のアウターポットがセットになったもの

アウターポットに水をためておくと、インナーポットについている給水ヒモが水を吸って植物に水を供給するので、水の管理がしやすいという製品です

購入した当時、これなら私たちでも大丈夫かなと思い選びましたが、日当たりがあまりよくなかったのか、最終的には枯れてしまいました(;´Д`)

そのときに取っておいたアウターポットが、今回役に立ちそう!

さっそく鉢を入れてみました。

少し鉢がはみ出ていますが、なかなかいい感じです(*‘∀‘)

 

赤いバラの花がとてもきれいで、小さいながらも存在感があります。

つぼみも2つありました。

自宅にある観葉植物とは育て方が少し違うので、このつぼみが無事に咲くのかどうかが少し心配です💦

 

最後に

ポールセンローズについて、ご紹介させていただきました。

バラの育て方に関する知識はまったく無かったので、ネットで調べることができて本当に助かりました。

今回に限らず、いつもネットの情報に助けられています(*‘∀‘)

底面給水で水やりをしながら、しばらくのあいだ室内で育ててみたいと思います。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました