赤いバラが可愛いポールセンローズ。花が咲き終わったので剪定を行ないました

インテリア
スポンサーリンク

こんにちは、つとむです。

以前知り合いからいただいた、デンマーク生まれのバラ・ポールセンローズの鉢植え。

 

▶ポールセンローズについて、詳しくはこちら。

 

花がすべて咲き終わったので、短く剪定をすることにしました。

鉢をいただいてからここ最近までの、ポールセンローズの様子についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ポールセンローズの鉢植え

赤いバラが素敵なポールセンローズの鉢植え。

前回のブログを書いたのは4月後半ですが、知り合いから実際に鉢植えをいただいたのは4月10日頃。

以前にも少しお話ししましたが、ブログを書くペースが追い付かず、実際の出来事からブログにするまで少し日にちが経っています💦

 

鉢植えをいただいた時点ではバラが一輪咲いていて、その他にもつぼみが2つありました。

 

4月30日時点の様子

それから約3週間が経過した4月30日

2つあったつぼみのうち、片方は無事に咲きましたが…。

残念なことにもう片方のつぼみは、茎の部分がぽっきりと折れてしまいました(;´Д`)

折れてしまった茎の部分。
折れてしまったつぼみ。

 

家に帰るとつぼみが土の上に落ちていたので、見つけたときにはとても驚きました💦

無事に咲いてほしかった…(:_;)

 

ちなみに、最初に咲いていたバラはすでにしぼんでしまったので、花がら摘み(茎から切り取ること)を行ないました。

咲き終わった花をそのままにしておくと、新しい花がつきにくくなったり、株の寿命が短くなる恐れがあります。(病気の原因となることも)
バラをきれいに長く楽しむためにも、定期的に花がら摘みを実施する必要があるそうです。

 

5月9日時点の様子

それからさらに1週間と少し経過した5月9日

この頃には、1輪だけ咲いていたバラもしぼんでしまいました。

全体の花が咲き終わったら、株元から約7cmの高さで切り戻しをするそうなので、さっそく実践。

剪定後のポールセンローズ。

 

調べた情報を参考にしながら剪定をしましたが、果たしてこれで合っているのか、少し不安です💦

真ん中の茎は最初に咲いていたバラの茎ですが、早めに花がら摘みをしたことで、この時点ですでに新しい部分が伸びてきています。

 

剪定した茎や葉っぱ。

 

こうして切り戻しをすることで、45日~60日後に次の花が咲くそうです

 

5月26日時点の様子

切り戻しをしてから約2週間が経過した、ポールセンローズはこちら。

新しく出てきた部分が、少しずつ伸びてきました!

新しい部分は、以前の葉っぱと比べて明るい緑色をしています。

これからどのように成長していくのか、今から楽しみです。

 

最後に

ポールセンローズの鉢植えをいただいてから、もう少しで2ヶ月。

バラを育てるのは今回が初めてですが、ネットの情報を参考にしながら、定期的にお手入れをしています。

これから先、再びきれいな花を咲かせてくれるのか!?

今の時点では分かりませんが、またぜひ赤いバラを見たいです(*‘∀‘)

今後の様子についてもまたブログに書くと思うので、そのときはよろしくお願いします。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました