【エアコンの配管】我が家が隠蔽配管をやめた理由【住友林業】

日々の暮らし
スポンサーリンク

こんにちは、つとむです。

最近は寒さも少し和らいできましたが、夜になるとまだまだ寒いので我が家はほぼ毎日エアコンをつけています。

そんなエアコンですが、家を建てるための打ち合わせをしているときに、エアコンを隠蔽(いんぺい)配管にするかどうかでとても悩みました。

結果的に隠蔽配管にはしなかったのですが、なぜ隠蔽配管をやめたのか、その後どうなったのかなどを今日は書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

隠蔽配管とは

エアコンの隠蔽配管とは、エアコンの配管を壁の中や天井裏の内部に隠して、外から配管が見えないようにする施工方法のことです。

住友林業で家を建てるための打ち合わせをしているときに、初めは隠蔽配管について特に説明も無く見積もりに入っていました。
エアコン工事の部分に隠蔽配管の記載があったので担当の方に聞くと、上に書いたような施工方法であるとの説明を受けました。

家の外観を重視する住友林業にとっては、エアコンは隠蔽配管で設置することが当たり前のようになっているそうです。

実際に、住友林業ではほとんどの方が隠蔽配管で設置していると言われました。

そのとき初めて隠蔽配管という施工方法があることを知った私は、帰ってからネットで調べてみることにしました。

 

隠蔽配管の良い点

隠蔽配管の場合、配管の部分が壁の中に隠れて見えにくくなることと、室外機を目立ちにくい場所に設置することが出来るので、家の外観をより美しく見せるというメリットがあります。

家の後ろ側に室外機を設置することも出来るので、家を正面から見たときに室外機が目に入るということがなくなります。

室外機が家の正面にあるとどうしても目立ってしまうので、この点は大きなメリットだと思います。

 

隠蔽配管の悪い点

それに対してデメリットは何かというと、

  • 加湿機能などを備えたエアコンを設置することが難しい
  • エアコンの修理や買い替えのときに、通常の配管の場合より費用がかかる場合がある
  • 室外機までの距離が遠くなることで空調効率が落ちる
  • 配管から水漏れした場合、壁の中がカビてしまう危険性がある

など。

デメリット、多くないですか…?

次の打ち合わせのときに早速担当の方に話をしましたが、「エアコンの種類は確かに限られますけど他の面は心配しなくて大丈夫です」と言われ、さらに悩みました。

 

隠蔽配管はやめました

それから最終決定する日まで迷いに迷った結果、隠蔽配管はやめることにしました。

我が家の場合は、隠蔽配管をやめて通常の施工にした場合、エアコンの位置的に室外機を家の正面に設置することになってしまうため、家の外観のことを考えて本当に迷いました。
(住友林業の担当の方は最後まで隠蔽配管を推していました。笑)

ただ私はかなりの心配症なので、隠蔽配管にしたことで将来面倒なことになったら嫌だなと考えてしまい、隠蔽配管にはしませんでした。

 

実際に生活を始めてからの正直な感想

実際に新居に住み始めてからの正直な感想として、家の正面にある室外機はやはり少し目立つので、隠蔽配管にすればよかったかなと思ったことも何度かありました。

ただ逆に隠蔽配管を選んでいたら、「エアコンを買い替えるときにどうなるだろう」「今日はエアコンの効きが悪いけど隠蔽配管のせいかな」など、つまらないことを考えていた可能性があります。笑

あとは今のエアコンには加湿機能は付いていないのですが、次に買い替えるときには候補に入れたいと思っているので、その点でも隠蔽配管にしなくてよかったかなと思います。

それでも一つだけ言いたいのは、外観的には絶対に隠蔽配管の方がいいということ。

あとは、部屋の作りを考える段階からエアコンの設置位置に注意することで、隠蔽配管ではなくても室外機を目立たない場所に置くことも出来ると思います。

 

隠蔽配管にするかどうかは、それぞれの方の考え方やどこを重視するのかによっても違ってくると思いますので、少しでも今回のブログが悩んでいる方の参考になれば嬉しいです。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました