前歯を支える骨が少ないことが判明。将来的に歯が抜ける可能性も…

歯列矯正
スポンサーリンク

こんにちは、つとむです。

矯正治療を受ける歯科医院も無事に決まり、今度はさらに細かい検査をすることになりました。

前回のブログはこちら↓↓↓

 

実はブログタイトルにもある通り、その検査で重大な問題が判明してしまいました…。
今日は精密検査の内容とその結果について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

精密検査の内容

初診の日にレントゲンなどの簡単な検査はしましたが、矯正治療を進めることが決定すると、さらに詳しく調べるために精密検査が必要になります。

初回はお盆休みを利用して伺いましたが、次の予約もお盆休み中に取れるとのことで、初診日から三日後に再び足を運び、一時間位かけて下記の検査を行ないました。

  • レントゲンやCT撮影
  • 歯型をとる
  • 写真撮影(口の中や顔全体)
  • 噛み合わせの検査

などなど。

検査後の感想としては、一つ一つの検査を丁寧にしっかりと行なっているという印象を受けました。

無事に検査も終わり、一か月後に検査結果を聞くために再度予約を取りました。

検査内容を踏まえて先生が治療方針を検討して、どのように矯正治療を進めていくかを決めるそうです。

 

唾液検査&磨き残しのチェック

そしてつい先日、検査結果を聞きに矯正歯科へ行ってきました。

検査結果を聞く前に、まずは唾液検査や歯磨きの正しいやり方を教わります。

この唾液検査というのは、味のしないガムのようなものを三分間噛み続けて、その間に出た唾液の量や質をチェックするというもの。

検査した結果、特に問題はありませんでした。

さらに歯の染め出しをして、ちゃんと歯磨きが出来ているかどうかの確認をします。
(磨き残しのある部分がピンク色になるアレです)

毎日しっかりと歯を磨いているつもりなのですが、染め出し液を付けてみると所々に汚れが残っていることがよく分かります💦

歯ブラシや歯間ブラシ、デンタルフロスの正しい使い方を矯正開始前に教わることで、矯正治療中に虫歯になるリスクを減らすことが出来るので、しっかり実践しようと思いました。

 

精密検査の結果

一通り終わり、いよいよ先生から検査結果を聞くことに。

個室に案内されると、歯科助手の方が旦那さんを呼んでくれていたので、今回も二人で話を聞くことが出来ました。

そこで先生からまず言われたのは、上の前歯を支える骨が少ないということ。

初回にレントゲン撮影をしたときに、全体的に歯根が短くなっていて、その中でも特に前歯の歯根がかなり短くなっているということは聞いていました。

ただレントゲンの画像では骨の状態までは分からず、精密検査でCT撮影をしたことで判明したそうです。

詳しく話を聞くと、前歯の根元にあるはずの骨が少なく、隣り合った歯の間にあるわずかな骨で歯を支えているような状態だそうです。

今の時点では歯がグラグラしたりはしていないのですが、将来的にはそうなって歯が抜けてしまう可能性が高いとのこと。

そのような将来的な心配もあるのですが、今回一番大きな問題となったのが、今回の矯正治療で前歯に力をかけなければいけないということです。

どのように歯を動かしていくのか検討したところ、噛み合わせを改善していくと最終的には上の前歯と下の前歯が当たってしまうので、上の前歯に力をかけて歯の角度を変える必要があるそうです。

ただこれが非常に危険で、歯がグラグラしたり抜けてしまうということが、もしかしたら早めに起こってしまう可能性があると言われました。

そうならないよう、極力前歯に力をかけずに済む方法を先生も考えてくださったそうなのですが、どうしても最終的には力をかける必要性が出てしまうそうで…。

先生もそのことをとても心配していました。

もし前歯がダメになってしまった場合は、将来的にインプラントを検討しなければいけないとのことで、このまま治療を進めても良いのかを確認されました。

歯根が短いことは知っていたのですが、まさか歯を支えている骨が少ないとは…。自分の歯が抜けるなんてあまり考えたことがなかったので、ショックが大きかったです。

 

ただ、それでも矯正治療をやりたいという気持ちは変わりませんでした。

もしここで矯正治療を断念したとしたら、前歯の寿命は確かに延びるかもしれません。

ただ今の噛み合わせのままだと、一部の歯に強い負担がかかってしまっているので、結局その歯からダメになってしまうような気がします。

前歯が抜けてしまったら本当にショックですし、そのことに対する不安もとても大きいですが、旦那さんとも相談して矯正治療は続けてもらえるよう先生にお願いしました。

 

顎関節症の治療

こうして矯正治療を進めていくことになりましたが、すぐに矯正装置をつけるのではなく、まずは顎関節症の治療を行なうことに。

顎の位置がずれていることで顎関節に負担がかかっている可能性が高く、スプリントという透明な装置を歯に装着して生活することで、顎を本来の位置に戻すそうです。

前回噛み合わせの検査をしてもらったときに、顎の周りが異様に硬いと先生から聞いていたのですが、スプリントを付けることでそれらの症状が改善する可能性もあるみたいです。

半年近くつけることで成果が分かるそうで、次回はこのスプリントを作るための型をとるとのこと。そのための予約を入れてこの日は終了しました。

 

まとめ

前歯のことを先生から聞いたとき、もちろんその場でもショックだったのですが、後からじっくり考えるとさらに気持ちが落ち込みました…。

骨の状態や歯根のことなど、元々そうだったのか過去の矯正治療でこうなってしまったのか、今となっては分かりません。

今回の矯正歯科ではCT検査などをしっかりと行なっているので、骨の状態についても知ることが出来ました。

過去二回の歯列矯正時はおそらくCT検査を行なっていないので、骨の状態などは考慮していなかったと思います。

歯根の説明なども何も無かったので、矯正歯科によってここまでの差があることにかなり恐怖を覚えました。

以前のブログでも書きましたが、どのような検査をするのかは矯正歯科によって異なるので、しっかりした検査を行なっているかどうかが重要なポイントだと思います。

 

とりあえずは先に進めることになりましたが、この先前歯の問題が原因で先生から矯正治療を断られないかどうか…とっても不安です💦!!

無事に矯正治療が進みますように…。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました