顎関節症の治療に必要なスプリントを作りに矯正歯科へ

歯列矯正
スポンサーリンク

前回のブログでも少し書きましたが、三度目の矯正治療を始める前に、まずは顎関節症の治療を行なうことになりました。

前回のブログはこちら↓↓↓

 

その治療に必要な【スプリント】という装置を作るために、先日歯型を取りに矯正歯科に行ってきたので、その時のことについて今日は書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

問診票の記入

矯正歯科に到着すると、まずは問診票を書くことに。

現段階での顎関節の痛みの強さや、どのように痛むのかなどを細かく記入していきます。

私の場合はいつも痛みがあるわけではなく、痛みがある日でも日によって痛さの度合いが違うので、強い痛みがあるときのことを基準にして問診票に記入しました。

 

スプリントを作るための歯型取り

その後診療室に案内されて、スプリントを作製するための歯型を取りました。

歯型を取る時に使用するピンク色の軟らかい物体は【アルジネート】というもので、主成分はアルギン酸ナトリウム(海藻からとれる成分)と石膏のようです。

今までに何度か歯型を取ったことはありましたが、今回調べてみて初めて、あのピンク色の物体の名称を知りました。笑

嘔吐反射が強い方などは、歯型を取る作業で吐き気をもよおしてしまうこともあるそうです。

私は吐き気に関しては大丈夫なのですが、歯型を取るときに口を大きく開けるのが結構つらく感じます💦

 

歯のクリーニング

歯型を取ったあとは、普段どのように歯磨きをしているのか歯科助手の方に見ていただくことに。

何となく適当に磨いてしまっている部分もあったので、歯と歯茎の境目を磨くときの歯ブラシの角度など、改めてしっかりと教わりました。

あとは歯間ブラシも重要とのことなので、フロスと併用して使用していきたいと思います。

その後は全体的に歯のクリーニングをしてもらいました。

 

噛み合わせの確認

歯のクリーニングが終わってからは、改めて噛み合わせの確認をしました。

先生の指示に合わせて口を閉じたり開いたり、青い塊を前歯で噛んでは離すということを数回繰り返します。
(青い塊が何かは分からないのですが、熱を加えて柔らかくしてあるのか、噛んだときに温かかったです。)

噛み合わせのことがかなり気がかりなので、しっかりと検査をしていただけるのは本当にありがたいです…。

 

まとめ

スプリントが出来上がるまでに約一か月かかるとのことで、次の予約を取ってこの日は終了しました。

スプリントを使った治療は受けたことがないので、どのような効果があるのか、装着したときの違和感など、気になることがたくさんあります。

仕事中に職場の方や電話などで話しをすることも多いため、スプリントをした状態でも上手く喋ることが出来るのでしょうか…。

スプリントを使用してみての感想など、次回の通院後に詳しく書いて行きたいと思います。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました