偕楽園は早朝だと入園料がかからない?真相を確かめてみました

イベント
スポンサーリンク

こんにちは、つとむです。

コロナウイルスの影響で延期されていた偕楽園の梅まつりが、いよいよ3月1日から始まりました。

私も2月に偕楽園に行きましたが、本来の梅まつり開催予定日(2月13日)からは茨城県民も有料とのことで、無料エリアを中心に散策しています。

 

▶梅まつり開催前の偕楽園を散策したブログはこちら。

 

近くに住んでいるからこそ、今回は無料で楽しめる部分だけでいいかなという気持ちが出てしまいます💦

そんな私たちのもとに、ある情報が入ってきました。

それは【早朝だと無料で偕楽園に入れる】というもの。

気になる内容だったので、さっそく確かめてみることにしました。

スポンサーリンク

午前9時まで無料で入れる??

その情報を知るきっかけとなったのは、前回散策したときにいただいたこちらのパンフレット。

 

そのパンフレットの中に、気になる部分を発見しました。

本園のご案内欄の下のところに、【開園から午前9:00までは無料】と確かに書いてあります。

このことに気がついたのは2月の時点。

開催が延期となったことで、まだ梅まつりは始まっていません。

もしかしたら無料で有料エリアの梅を見ることが出来るかも!?

気になった私たち夫婦は、2月最後の日曜日に再び偕楽園に行くことにしました。

 

検証した結果

偕楽園に着いたのは午前7時半ごろ。

無料で入れるのか確認するために料金所に向かいましたが、結果は…。

 

普通に有料でした(;´Д`)

 

料金所の方に確認したところ、このような内容となっているそうです。

  • 梅まつり期間を除いて、開園時から午前9時まで無料
  • 今年の場合は本来の開催日である2月13日から、梅まつり期間と同じく開園時から有料となっている

 

開催が延期になったことで梅まつりはまだ始まっていませんでしたが、当初の予定通りだと開催時期のため有料とのことでした。

 

▼偕楽園の入園料

  • 大人 300円
  • 小中学生 150円
  • 満70歳以上 150円

 

事前に電話で確認すれば分かったことではありますが、ドキドキ感をちょっとだけ味わうことができて楽しかったです(*‘∀‘)

 

偕楽園周辺を散策

有料エリアに無料で入ることはできませんでしたが、せっかくなので近くの常盤(ときわ)神社まで散策することにしました。

神社までは、偕楽園周辺にある田鶴鳴(たづなき)梅林を通っていきます。

 

常盤神社まで

この日は前回と比べて、少しだけ梅の開花が進んでいるように感じました。

ちょっとだけ咲いている花とつぼみの組み合わせが可愛い!

 

歩道橋の上から見た田鶴鳴梅林。

こちらも素敵ですが、梅が満開になるとさらに迫力ある景色になりそうです。

 

歩道橋から見える偕楽園本園。

こちらは有料エリアとなっています。

 

常盤神社は歩道橋(偕楽橋)を渡って、坂を少しのぼった先にあります。

坂の途中にある梅の木がだいぶ咲いていました。

 

常盤神社の近くにも料金所があり、すぐそばにある東門から入場することができます。

東門料金所

 

偕楽園入り口(東門)

 

ここから少し進むと常盤神社があります。

 

神社からの帰り道

神社に参拝をして、来た道を戻ることにしました。

この日は天気がよかったので、歩道橋から見える千波湖がとてもきれいです。

 

帰りも田鶴鳴梅林を通りましたが、少しだけ違う道を歩くことに。

 

たくさんある梅の木の中には、幹にツタが巻き付いているものもあります。

 

最後は前回来たときに見つけた偕楽園公園センターへ。

前回も写真をのせた、インフォメーションセンター前の梅の木。とても立派で個人的にすごく好きです。

満開のときにも見てみたい!

 

その他にも、今回散策をしていて気になった写真をのせていきたいと思います。

前回は気づかなかったのですが、偕楽園本園へとつづく歩道橋(梅桜橋)の下にある自販機では、マスクが販売されていました。

付けてくるのを忘れてしまった場合は、こちらの自販機で買うことができますね。

 

前回は何もなかった歩道橋にも、梅まつり開催前日ということで横断幕が貼られています。

 

その歩道橋の上を歩いていると、タイミングよく電車が通過。

毎年梅まつりの時期には、歩道橋の上にカメラを持った人たちがずらりと並んでいますが、今年はどうなるのでしょうか。

 

今年は梅まつりのほかに、チームラボが手掛ける光の祭というイベントも開催されるそうです。

看板が設置されていました。

 

梅まつりが始まる前日ということで、前回と変わっている部分もいくつかあり、その変化を楽しみながら散策することができました。

 

最後に

【早朝だと偕楽園に無料で入れるのかどうか】について確かめてみた結果、このようなことが分かりました。

 

梅まつり期間を除いて、開園から午前9時までは県外の方も無料で入園できる!
 
※開催が延期となった場合、当初開催される予定の日から、梅まつり期間としての扱いとなる

 

今回は無料で入園することはできませんでしたが、前回散策したときとはまた違った場所に行くことができて、梅をたくさん見ることもできたので楽しかったです。

やっぱり朝早く散歩するのっていいですね。

 

2年つづけて無料エリアを紹介しているこのブログ。果たして有料エリアに入る日はくるのでしょうか。

そうなったら必ずブログに書きますので、そのときはぜひよろしくお願いします。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました