【顎関節症】スプリント治療を始めて約4ヶ月が経過。少しだけ効果が出てきました

歯列矯正
スポンサーリンク

こんにちは、つとむです。

今日は久しぶりの歯列矯正に関するブログです。

前回のブログは約4ヶ月前、ちょうどスプリント治療を始めたころに書きました。

 

▶前回のブログはこちら

 

ブログには書いていませんでしたが、月に1度は矯正歯科へ通院しています。

今日はスプリント治療開始から4ヶ月が経過した、現在の様子について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

スプリントの装着状況

 

顎関節症を改善するため、歯列矯正の前におこなっているスプリント治療

開始1ヶ月は寝るときのみの使用でしたが、2ヶ月目からは寝るとき以外もつけるようになり、なるべくたくさん装着するようにしています

ただ初めのころは、スプリントをつけていると上手く喋ることが出来ずに、仕事中はほぼ外していました。
(電話応対に支障が出るため)

 

慣れてきたこと

スプリントの使用を始めて約4ヶ月。

今ではだいぶ慣れてきて、仕事中もスプリントを装着しています
スプリントをつけていると見た目の違和感がすごいので、マスクで隠せるのはかなり有難いです💦

また初めのころは難しかった、ペットボトルやコップの水を飲むことも、コツをつかんだのでかなりスムーズに出来るようになりました。

まぁ油断するといまだにこぼしますけどね。笑

 

出来ていないこと

仕事中もスプリントをつけるようになり、1日の大半はつけたままで過ごしているのですが、食事の時だけは外すようにしています。

本来は食事中もスプリントを外さない方が良くて、矯正歯科でいただいた説明書にもそのように書いてあるのですが、どうしてもこの装置を付けたまま食事出来る気がしなくて…

汁物なんかかなり難易度が高いと思います( ;∀;)

 

一度先生に確認したのですが、「無理はしないで食事のときはスプリントを外しても大丈夫」と言っていただけたので、お言葉に甘えて食事の時はいつも外すことにしています。

でも食事中もつけていた方がより早く改善するとは思うので…。その辺りが難しいところです💦

 

スプリントの効果

 

スプリントを付けることで顎関節を安定させて、あごの位置を正しい状態にすることがこの治療の目的。

効果が出てくると、上下の歯の間に隙間が空いてきて、前歯が噛み合わなくなるのだそうです。

先生曰く、私も少しずつですが糸切り歯の辺りに隙間が出来ているとのことで、少しだけ効果が現れてきました。

あとあごの痛みも少し減ってきた気がします。

ただ、まだまだあごの周辺の筋肉が固いので、筋肉の固さがなくなるまでにはだいぶ時間がかかりそうです。

長年の歯並びのずれなどが原因で筋肉が固まってしまっているので、スプリント治療も根気強く続ける必要があります。

時間がかかってもいいので無事に効果が現れますように…!!

 

使用している洗浄剤

スプリントは定期的な洗浄が必要。

私は矯正歯科でおすすめしてもらったリテーナーブライトという洗浄剤を使用しています。

 

こちらは歯列矯正の時に使用するリテーナー(保定装置)用の洗浄剤ですが、スプリントに使用することも出来ます。

1回分ずつ小分けになっているので、とても使いやすいです。

▼リテーナーブライトの使い方

  1. スプリント全体が浸かる量の温水(20~40℃)をコップなどに入れて、そこにタブレットを1粒入れる。
  2. 泡が出て温水の色がブルーになってくるので、そこへスプリントを入れる。
  3. 15分で洗浄が終了。スプリントを取り出して流水ですすぐ。

※浸けたまま放置するとスプリントが痛む可能性があるので、15分経ったら取り出しましょう。

 

私もこのようにコップを使って洗浄しています。

矯正歯科では、少なくとも3日に1回は洗浄剤を使った方が良いとのことでした。

私の場合は朝起きた時にスプリントを外すので、そのときに上記の手順で洗浄をして、洗顔や身支度が終わったらコップから取り出すようにしています。

 

最後に

スプリント治療に関して、食事のとき以外はほぼ1日中装着しているので、もちろん大変な面もあります。

ただ、この治療を頑張ることで顎関節症の改善も見込めますし、適切なあごの位置が分かれば、歯列矯正後に噛み合わせが良くなる可能性が高くなります。

あごの筋肉が相当固いことなど不安な面もありますが、頑張ってスプリント治療を続けていきたいと思います。

今後の経過についてもまたブログに書きますので、ぜひ読んでいただけたら嬉しいです。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました