MENU

ブログランキング・にほんブログ村へ
△クリックしていただけると
ブログ更新の励みになります。

つとむ
はじめまして、つとむと申します。
夫婦二人暮らし。2017年に住友林業で家を建てました。茨城で会社員をしながら始めたブログが3年目に突入!
住まいやインテリア・趣味のことなど、さまざまなことについて書き記していきますので、よろしくお願いいたします。

▽楽天ROOMはじめました!

顎関節症や後戻りなど、初めての歯列矯正後にさまざまな問題が発生しました

  • URLをコピーしました!

こんにちは、つとむです。

前回のブログでは、初めて歯列矯正をしたときのことについて詳しくご紹介しました。

▶前回のブログはこちら。

今日のブログでは、その後起こったさまざまな問題についてお話ししたいと思います。

目次

歯列矯正後に起きた問題

ブラケットやワイヤーを使った歯列矯正を2~3年ほど行ない、ついに装置を外すことに。

矯正治療も一段落ついたと喜んだのもつかの間、いくつかの問題が発生してしまいました。

食べ物を噛んだ時の痛み

まずは食べ物を噛んだときに右下の歯に痛みがでるようになってしまったこと。

虫歯のようにしみる痛さではなく、鈍い痛みを感じるようになりました。

ブラケットを外す前にも同じ症状があったのかはよく覚えていないのですが💦

装置を外した後にそのことを先生に相談しました。

おそらくですが、左右の噛み合わせが均等ではなく、右側が強く噛んでしまうため痛みが出たのではないかと思います。
このとき通っていた矯正歯科では、噛み合わせの詳しい検査などは行なっていませんでした。


先生に相談したところ、その場でレントゲン撮影をすることに。

すると右下の歯に小さな虫歯があると言われ、痛みの原因はそれだろうと歯を削ることになってしまいました( ゚Д゚)

今考えると虫歯の痛みではないし、先ほど書いたようにおそらく噛み合わせが原因なのだと思います。

ただ当時の私はとても無知で、先生が言うことに対してただうなずくことしか出来ませんでした。

結局歯を削ったところで痛みが消えることはなく、この後数年かけて痛みと付き合うことになります。 

後戻り&舌癖

矯正装置を外してからしばらくの間は、食事のとき以外は1日中リテーナー(保定装置)をつけていました。

最終的には就寝時のみつけるようになりますが、決められた時間きちんとリテーナーを使用していても、少しずつ歯並びがずれていくことに。(いわゆる後戻り。)

ただ正直なところ、当時はそこまで歯並びのことは気にしていなくて。

噛み合わせのこともよく知らなかったですし、矯正前の歯並びと比べると見た目はかなり良くなっていたからです。

そんなある日、ふとしたきっかけで舌癖(ぜつへき)という言葉を知ることになります。

舌癖とは。

舌が正しい動きをしていない状態のこと。
人間は1日に約1,000回以上、無意識に飲み込む動作をしていて。舌が上下の歯の間から突き出ていたり、歯を後ろから押してしまっていると、歯並びに悪影響がでてしまいます。

そのとき初めて、自分も舌癖があるということを知りました。

普段飲み込む動作をするときに、無意識に舌で上下の歯を押しだすような動きをしていたのです(;´Д`)

さらに本来口を閉じているときは、舌が持ち上がった状態で上あごにくっついているのが正常ですが…。

舌癖があると舌が下がってしまい、舌の先が常に歯の裏側にあたった状態になってしまうそうです。

こちらも当てはまっていました。

そのことを知ったときに、この舌癖のせいで歯が後戻りしてしまっているのではないかと考えるようになり、ネットで調べた舌癖のトレーニングを行なうように。

ただ自己流ということで分からないことも多く、当時は色々とつらかったです(;_;

矯正歯科によっては、MFT(口腔筋機能療法)という舌癖のトレーニングを行なっているところも。
舌癖がある方の場合、MFTを行なっているかどうかも矯正歯科を選ぶ際の重要なポイントになるかと思います。

舌の位置や動きを意識するようにはなりましたが、それでも歯並びは少しずつずれていき、結果的にもともと浅かった噛み合わせがさらに合わなくなることに。

最初よりもさらに左側の歯が噛み合わなくなり、右の噛み合わせがより強くなってしまいました。

顎関節症による新たな痛みが発生

そこからしばらく経過して。

下の歯の裏側につけていたリテーナー(針金のようなもの)をはずすことになり、矯正歯科への通院は終了。

この時点で歯並びのずれや右下の歯の痛みなど、問題はたくさんありましたが、当時はこのまま我慢するしかないと半ばあきらめていました。

すると今度は、右耳の下からあごにかけて新たな痛みが発生。

食事中には痛みをあまり感じないのですが、それ以外の時間はずっとズキズキとした痛みがありました。
(かなり強い痛み)

右の頬も痛かったので副鼻腔炎なども疑い、耳鼻科に行ったことも💦

原因が分からないまま、当時歯の定期健診で通院していた歯科医院で相談すると、もしかしたら顎関節症ではないかという話になり口腔外科へ行くことに。

最終的に顎関節症であることが判明しました。

当時は顎関節症というと、口を開けたときにあごがガクっとなるようなイメージで。
ここまで強い痛みがでるものだとは知らず、原因が分かったときかなり驚きました。

口腔外科では口を大きく開けるトレーニングなどを教わり、自宅でも実践することに。

顎関節症の場合、口を大きく開けない方が良いというイメージを持っていたので、この方法で大丈夫なのかと少し心配でしたが💦

次の日には痛みがかなり軽減するなど、驚くほど効果がでました(´゚д゚`)

2度目の矯正治療を考え始める

トレーニングをすることで一時的に痛みは治まりましたが、顎関節症が悪化したのはおそらく歯並びが原因で、そこを治さないかぎり根本的な解決にはなりません。

将来的に症状がさらに悪化する可能性もあると考え、この頃から2度目の矯正治療を考えるようになりました。

最後に

初めての歯列矯正後に起きた問題についてご紹介させていただきました。

自分でも驚くくらいのトラブル続き(;´Д`)

当時のことを思い出しながらブログを書いていると、つらい気持ちがよみがえってきます💦

次回以降も過去の歯列矯正についてのブログが続きますが、お付き合いいただけると嬉しいです。

次回は2度目の歯列矯正について、詳しくご紹介したいと思います。

それでは。

ブログランキング・にほんブログ村へ

△ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけるととても嬉しいです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次
トップへ
目次
閉じる