初めての歯列矯正時に感じた不満点や、注意すべきポイント

歯列矯正
スポンサーリンク

以前のブログでも書いた通り、このたび三度目の歯列矯正をすることを決断しました。

過去の矯正治療に関してはあまり良い思い出がないのですが、新しい治療に向けて気持ちや内容の整理をするためにも、自分が今までに受けた歯列矯正について、何回かに分けて振り返っていきたいと思います。
(当時不安に感じたことや、気をつけるべき点についても合わせて書いていきます)

スポンサーリンク

一度目の歯列矯正を始めた時期&始めたきっかけ

私は現在30代半ばですが、初めて歯列矯正を開始したのは21才のとき。短大を卒業して、社会人一年目として働き出した頃でした。

職場のトイレでふと鏡を見たときに、アゴが微妙にしゃくれてきているような気がしたんです。そのことがきっかけとなり、歯列矯正を意識し始めました。
(それまではまったく気にならなかったのに、なぜかふと気になったんですよね。笑)

歯列矯正前の歯並び

元々私の歯並びはとてもガタガタで、上下の犬歯がとんでもないところから生えていました。(上はかなり八重歯で、下は歯茎の手前側から生えていました)

それと開咬もあり、上下の歯の間にすきまがあったように思います。

当時は噛み合わせのことをまったく気にしていませんでしたが、顔にゆがみがあるのでおそらく偏った噛み合わせをしていたのでしょう。
(偏った噛み合わせをしていると、成長とともに顔が歪んでしまうみたいです)

小さいころに兄が矯正治療をしていて、私も小学生のときに親から歯列矯正を勧められたことがありましたが、そのころは歯並びに何の興味もなく、痛そうだからと断っていました。

過去に戻れるのであれば、間違いなく小さい頃に歯列矯正をしています💦

 

矯正歯科を決めた経緯

歯列矯正をしたいと思い始めてまず最初に両親に相談したところ、父親の知り合いの歯医者さんが紹介してくれるということになり、紹介してもらった矯正歯科に話を聞きにいきました。

その矯正歯科は水戸市内にあり、当時住んでいた実家からは車で10分ほどの場所にあります。

結果的にその矯正歯科で矯正をすることになるのですが、他の矯正歯科も検討すれば良かったと本気で後悔しています。

当時はスマホもなく、家にパソコンはありましたが今ほどインターネットを見る習慣が無かったので、ホームページを見たりネットで調べることもほとんどしなかったんです…。

初めて矯正歯科に行ったときに口の中を見てもらったのですが、先生が手袋無し(素手)で口の中を触ってきたときは衝撃的でした。笑
(後からネットで見たところ、素手で処置を行なう矯正歯科は他にもあるみたいですが💦)

 

素手で処置をされるのは少し嫌でしたが、他の矯正歯科もこんな感じなのかなと勝手に思い込み、歯列矯正を始めることにしました。

矯正歯科を決めるまでに、少しでも嫌だと感じることがあった場合は他の矯正歯科を検討した方が良いと思います。
疑問に思った点などがあった場合は先生に質問して、納得のいく答えが返ってくるかどうかも重要なポイント。

 

一度目の矯正治療の内容

一度目の矯正治療の大まかな流れを、順番に書いていきたいと思います。

 

詳しい検査後に治療内容の説明

治療を開始する前に、歯の模型作りやレントゲン撮影、顔や口の中の写真撮影をしました。
おそらくCT撮影とかはしていないと思います。

矯正歯科によって設備に違いがあるので、検査内容や項目も矯正ごとに異なります。
(CT撮影や噛み合わせの検査など、出来るだけ細かい検査をしてくれる矯正歯科の方が良いと思います)
検査についてしっかりとした事前説明があるのかどうかも大切なポイント。

 

検査が終わって数日後に治療内容の説明をしてもらいましたが、歯の模型を使っての説明がほとんどで、少しだけレントゲン写真を見た気がします。
(歯の模型をバラバラにして、口のサイズに収まるように並べられるのかを説明されました)

口腔内が狭いのでこのまま歯を並べるのは難しいと説明され、歯の抜歯をすることに。

 

治療開始前に抜歯

私の場合は親知らずが4本ともあったので、親知らず4本と普通の歯4本の合計8本を抜くことになりました。

下2本の親知らずは歯茎の中に埋まっていて、さらには横向きに生えてしまっていたので口腔外科での処置となり、結構大がかりなものに。

横向きに生えている親知らずが下の歯全体を前に押していて、そのまま放っておくと下の歯が全体的に前に出てしまっていたかもと言われました。
(最初にトイレでアゴが気になったのも、もしかしたら親知らずが関係していたのかもしれません)

最初に右下の親知らずを抜いたのですが、家に帰ってからとてつもなく腫れてしまい痛みで寝ることが出来ず、次の日も痛みに苦しみました。

普通に生えている歯は矯正歯科で抜いてもらったのですが、事前の説明では1本だけ抜くと言われていたのに、当日行くと2本抜くことになっていたりと、この辺りの対応にも少し不信感が…
悪い先生ではないのですが、全体的に適当さを感じることが何度かありました。

 

全部終わるまでに色々とありましたが、なんとか8本の抜歯を終わらせました。

 

矯正治療がスタート

抜歯が終わるといよいよ矯正治療が始まります。

歯にブラケットという矯正器具を付けて、その中にアーチワイヤーという針金を通すことで歯並びを直していきます。

ブラケットとアーチワイヤーを細い針金のようなもので縛って固定(結紮←けっさつ)するのですが、そのときに歯に結構な力が加わりました。

ブラケットにも種類があり、細い針金で結紮する必要が無いものもあるそうです。(ブラケット自体に、アーチワイヤーを歯に留める構造が備わっているなど)
どのような装置を使うのかも事前に確認しておいた方が良いです。

 

矯正器具を付けてからは1か月に1度ほど通院して、その度に先生がアーチワイヤーの形を調整して、少しずつ歯を動かしていきます。

調整した後は歯に力が伝わるのでかなり痛みがあり、しばらくは食べ物を噛むのも痛くて柔らかいものしか食べられませんでした。

矯正装置や矯正方法も進化していて、今ではゆるやかな力で歯を動かすことが可能となり、調整後の痛みもかなり減っているそうです。
歯に力がかかりすぎると歯根などにダメージが残る場合もあるので、どのようなやり方で矯正治療をするのかも確認が必須。

 

私の場合は犬歯が外に飛びだす形で生えていたので、ブラケットを付けたばかりのころは器具が唇の裏側に辺り、犬歯の場所4か所すべてに口内炎が出来たこともあってつらかったです💦

 

矯正器具の取り外しとリテーナーの開始

矯正器具を付けていたのは2年ぐらいだったと思います。歯並びも良くなったとのことで矯正器具を外し、その後はリテーナー(保定装置)を使うことに。

リテーナーを使うことで、歯並びが元に戻ってしまう【後戻り】を防ぎます。

下の歯は前歯四本の裏側に針金を接着して、上の歯は取り外し式のリテーナーを使用していました。

 

ひとまず矯正治療は一段落。ところが…

リテーナーを使用するようになると、そのあとは通院する頻度も減っていきます。

私の場合も、矯正装置を付けていた時は1か月に一度の通院だったのが、3ヶ月に一度~半年に一度と段々と間隔が空いていきました。

歯並びも良くなって矯正装置も外すことが出来て、あとは毎日リテーナーを付けていれば矯正治療も無事終了…。

と、本来ならそうなるはずだったのですが、矯正装置を外す前から後にかけてトラブルがあり、そこから歯並びや噛み合わせに関して悩む日々がスタートしてしまいました。

 

一度目の歯列矯正は10年以上前のことですが、いざ書き始めてみるとだいぶ鮮明に覚えていて驚きました。笑

矯正治療に関してはずっと頭を悩ませていた問題なので、内容についてもよく覚えていたんだと思います。

次回はこの続きを書いていきたいと思います。

 

それでは。

 

続きはこちら↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました