ダイニングテーブルを小さくリメイクすることにしました【スタイルショップ】

インテリア
スポンサーリンク

今日は我が家のダイニングテーブルについて。

住友林業のインテリアフェアで購入したダイニングテーブルは、飛騨の家具shirakawa(シラカワ)のものです。

当時はパネル脚のダイニングテーブルに憧れがありこちらを購入。

ところが実際に新居で生活を始めると、ある大きな問題が発覚しました。
それはサイズが大きすぎるということ。

ダイニングテーブルのサイズは幅1700mm×奥行930mmなのですが、1700mm(170センチ)は我が家には大きすぎました…。

購入時に1600mmか1700mmのどちらにするかという話になりましたが、あまり深く考えずに「大きい方が良いだろう!!」と選んでしまったんです。

結果は見事失敗。

リビングの通り道にダイニングテーブルがあるため、横を通るときにテーブルの角に太ももを強打することが何度もありました。笑

ここによくぶつけます

 

ダイニングテーブル自体はとても素敵で気に入っているので、サイズを小さくしてくれるお店がないかネットで検索してみましたが、家の近くには無さそうでした。

買い替えることも考えて一度買取業者に見積もりを出したのですが、見積もり結果は約2万円…。

購入時にはそれなりのお値段がしたこともあり、この金額では手放したくありません💦

自分でメルカリなどに出品することも考えながら、もし新しく購入するとしたらどんなものが良いのか検討するため、日頃インテリア雑貨などをよく購入しているホームシック スタイルショップへ向かいました。

 

店内でダイニングテーブルを見ていたところ、お店の方が声をかけてくださり色々と話をすることに。

その中でダイニングテーブルの大きさに困っているということを話したところ、なんとスタイルショップさんでもダイニングテーブルのカットが出来るとのこと!!

気になる料金ですが、カット一辺につき1万円とのことで(2020年11月現在)、天板の両端を切ったとしても、配送料含めて約3万円でリメイクすることが出来ます。

費用は少しかかってしまいますが、出来れば今のダイニングテーブルをそのまま使いたいと考えていたので、スタイルショップさんにテーブルのカットをお願いすることにしました!

【注意点】
家具に保証がついている場合、テーブルのカットなどを行なうとメーカー保証が無くなってしまうそうです。
保証をなくしたくない場合は購入したメーカーにお願いするほうが良いとのことでしたが、私たちはその点を考慮したうえでスタイルショップさんにお願いしました。
 

その後改めて細かい打ち合わせをして、最終的には片側10cm、合わせて20cm天板をカットすることが決定、結構がっつり切ります。

せっかくなので、自分ではなかなか出来ない天板のメンテナンスも注文しました。
(天板はオイル仕上げです。)

 

そして先日、お店の方がダイニングテーブルを引き取りに来てくださいました。

私は仕事でいなかったのですが、旦那さん曰くとてもスムーズに引き取りは終了。

作業が終わるまでに約1ヶ月~1ヶ月半かかるとのことで、その間は代わりのテーブルを貸してもらえることに。

こちらが貸してもらったダイニングテーブルです

 

最近はテレビの前にあるこたつで食事をすることが多いのですが、鍋料理を食べるときはダイニングテーブルの方が良いため、こちらのテーブルを有難く使わせていただきます!

 

 

打ち合わせのときにお店の方にも言われたのですが、パネル脚からはみ出している天板部分をカットすることで、見た目的には今より劣ることになると思っています。
(屋根の軒とかも長い方がおしゃれ!)

ただ実用性のことを考えると、ダイニングテーブルが小さくなったほうが生活がしやすくなると思うので、どんな雰囲気になるのか、出来上がりを楽しみに待ちたいと思います。

ダイニングテーブルが戻り次第またブログを書きますので、よろしくお願いします。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました