【ギャッベ】パルヴィーズカーペット社のギャッベを紹介します

インテリア
スポンサーリンク

こんにちは、つとむです。

今日は我が家のインテリアの中から、ギャッベを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ギャッベとは

そもそもギャッベという言葉を聞いたことがないという方も多いのではないでしょうか。

私たち夫婦も、家を建てる少し前までは知りませんでした。

 

ギャッベとは、イランのシラーズ地方にて遊牧生活をしている、カシュガイ族という遊牧民によって織られた手織りじゅうたんのことです。

羊の毛を手で紡いで、自然の草木で染めてから織り上げるという、一つ一つがとても手間のかかったものとなっています。

 

最近ではギャッベの人気が上昇するに伴い、トルコやインド、中国などが作ったものも出回るようになっているとのこと。

 

ただ本来のギャッベとは、イランの遊牧民カシュガイ族が手織りしたじゅうたんのことを言うそうです。

 

ギャッベとの出会い

数年前に私たち夫婦が家を建てることになったときに、壁紙やインテリアを参考にするために住友林業の住宅展示場巡りをしていたことがあります。

 

そしてつくばにある住宅展示場を見ていたときに、案内をしてくれていた方がおすすめのインテリアショップを教えてくれたので、その足でさっそくお店に向かいました。

お店の名前は、『ホームシックスタイルショップ』。

初めて行くお店だったのですが、たまたまそのとき期間限定のアートギャッベ200枚展というイベントを開催していたのです。

 

気になったので覗いてみると、お店の方が丁寧にギャッベについて説明をしてくれました。

それがギャッベとの初めての出会いです。

 

それからはお店にギャッベが置いてあると、意識して目を向けるようになりました。

 

我が家のギャッベを紹介します

現在我が家には六枚のギャッベがあります。

そのうち四枚は小さいサイズのもので、今は自家用車二台の運転席と助手席のシートに置いて使用しています。

 

ですので今日は、家の中に置いてある二枚のギャッベについてご紹介したいと思います。

 

まず一枚目はこちら。

こちらのギャッベは、住友林業が開催しているインテリアフェアにて購入しました。

インテリアフェアは年に数回、新宿で開催されています。

 

家を建てた後に開催されたインテリアフェアに参加したときに、玄関に置くギャッベを探していてこちらを購入しました。

大きさもちょうど良くデザインも素敵だったので、他のデザインと迷った末にこちらのギャッベに決定。
(インテリアフェアでは独自の割引もあるのでそれも決め手となりました。)

とても繊細なデザインで素敵です。

 

裏側にタグがついています。

こちらのタグから調べてみたのですが、このギャッベはパルヴィーズカーペット社というところのもので、高品質なペルシャギャッベであるということが分かりました。

 

パルヴィーズカーペット社専属の織り子さん(主にカシュクリ族)が丁寧に織り上げ、その品質や仕上げをパルヴィーズカーペット社が管理しているとのこと。

 

カシュガイ族とカシュクリ族

ここで少し疑問が。

このブログの最初に、ギャッベとはカシュガイ族という遊牧民によって織られた手織りじゅうたんのことと説明しましたが、パルヴィーズカーペット社の説明にはカシュクリ族との記載がありました。

 

気になったので調べてみたところ、カシュガイという名は大部族の代表名で、上下関係を基盤にした部族構成が確立されているそうです。

カシュガイの下には六つの支族があり、その内のひとつにカシュクリという支族があるとのこと。

 

自分で調べながらとても勉強になりました。

こちらのギャッベは普段玄関に置いてありますが、良いアクセントになっていてとても気に入っています。

こんな感じで置いてあります。

 

以上が一枚目のギャッベ紹介でした。

 

早速二枚目の紹介に行きたいのですが、色々な説明をつけ足していたら長くなってしまったので続きは次回にさせていただこうかと思います。

よろしくお願いします。

 

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました