【我が家のギャッベ】ゾランヴァリ社のギャッベをご紹介します【前回の続き】

インテリア
スポンサーリンク

こんにちは、つとむです。

前回のブログにてご紹介させていただいた、我が家のギャッベ

 

 

今日はもう1枚のギャッベをご紹介させていただきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2枚目のギャッベ

我が家の2枚目のギャッベ。

それがこちらです。

こちらのギャッベはゾランヴァリ社のギャッベです。

 

ゾランヴァリ社とは

ゾランヴァリ社とはイランにあるギャッベを取り扱っている会社で、創業者の方のお名前でもあります。

糸の管理や染色・その他さまざまなことを請け負い、ギャッベという文化を残すためにカシュガイの織り子さんたちと共に、世界中に受け入れられるようなデザインを考え、ギャッベを広めているそうです。

こちらのギャッベは、最初にギャッベのことを知ったホームシックスタイルショップの水戸店にて購入しました。

ギャッベ展が開催されていたので見に行ったのですが、素敵な色と可愛い模様、そして珍しいサイズ感に惹かれて急遽購入することになったのです。

模様の一つ一つが小さな窓のようになっていて可愛い!

 

こちらのギャッベは普段リビングに置いて使用しています。

我が家の床材はウォルナットを使っているので、ウォルナットの床とグリーンの組み合わせがお気に入りです。

 

ゾランヴァリ社のマーク

ゾランヴァリ社のギャッベには、裏側にライオンのマークが入っています。

 

今回紹介したギャッベの裏側にもマークが入っているのですが、ギャッベ自体の色が濃くてうっすらとしか見えませんでした。

マルで囲った中にマークがあります。

 

上の画像だととても見えづらいのですが、ネットで検索するとマークを見ることが出来ます。

ネットにあるマークの画像を載せていいのか分からなかったので、ペイント機能を使って自分で描いてみました。

それがこちら。

………。

マウスを使って描いたので何とも言えない仕上がりですが、精一杯描きました 笑

実際のマークはもちろんもっとしっかりしていますが、こんな感じのマークがゾランヴァリギャッベの裏側にはあります。

これからお店でギャッベを見るときには、表側だけではなく裏側も意識して見てみようと思います。

以上、我が家のギャッベ紹介でした。

 

忘れられないギャッベ

ギャッベは1点ものですので、お気に入りのギャッベと出会えるかどうかもその時になってみないと分からないもの。

以前ギャッベ展に行ったときにとても気に入ったデザインのギャッベを見つけたのですが、サイズが大きめで置く場所もなかったので、迷った末に買わなかったことがありました。

それがこちら。

とても迷っていたので写真が残っていました。

 

何年か前の出来事ですが、今でもたまにこのギャッベのことを思い出すことがあります。

みなさんも、ぜひお気に入りのギャッベを見つけてみてください。

もし見つかったときは、その場で買わないと後々後悔することになるかも…?

それでは。

 

コメント