陶器の祭典・笠間の陶炎祭(ひまつり)に初めて行ってきました

イベント
スポンサーリンク

こんにちは、つとむです。

少し前の話になりますが、ゴールデンウィーク最終日、笠間の陶炎祭(ひまつり)に行ってきました。

陶炎祭(ひまつり)に行くのは今回が初めて。

コロナ禍ということで、行くのをためらう気持ちも強かったのですが…。

少し長くなりますが、ひまつりに関することや当日の会場の様子、購入したものについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

笠間の陶炎祭(ひまつり)

陶炎祭(ひまつり)は笠間で開催される大規模な陶器市

毎年ゴールデンウィークに開催されていて、県内の方はもちろん、県外からもたくさんの方が来場します。

▼陶炎祭(ひまつり)について。

笠間の陶炎祭(ひまつり)は毎年4月29日~5月5日に笠間芸術の森公園イベント広場で開催される茨城県下最大のイベントです。

200軒以上の陶芸家・窯元・地元販売店などが、広大で緑豊かな笠間芸術の森公園イベント広場に集い、個性豊かな店作り と作品でお客様を迎えるという、他に類を見ない陶器の祭典です。

引用元:笠間の陶炎祭(ひまつり)公式サイト

 

私たち夫婦は茨城県に住んでいるので、ひまつりという名前はもちろん聞いたことがありました。

実際に行ったことのある人に話を聞いたこともありますが、ひまつりは大人気のイベントなので、とてつもなく混雑するとのこと!

会場周辺の道路は渋滞するので、少し離れた場所にある大規模駐車場に車を停めて、シャトルバスで会場に行くことが推奨されているそうです。

 

あまり人混みが好きではない私たちは、その話を聞いて尻込みしてしまい、今まで実際に会場に行ったことはありませんでした。

 

コロナ禍での開催

去年開催される予定だった第39回陶炎祭(ひまつり)は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により中止に。

今年も中止かと思っていましたが、感染対策を入念に実施し、イベント内容を見直したうえで、第40回陶炎祭(ひまつり)が開催されることになりました

【感染対策一例】

  • 入退場ゲートでの検温及び手指消毒の徹底
  • いばらきアマビエちゃん(感染拡大防止システム)の登録推奨
  • 会場をロープなどで囲い、入退場口を限定
  • 人数制限の実施
  • 各作家ブースの飲食スペースを撤去

など。

さらに、緊急事態宣言などの対象地域に住んでいる方は来場しないよう、ホームページなどに記載がありました。

 

行きたい気持ちと葛藤

ひまつりに行ってみたい気持ちはありましたが、コロナ禍ということで人混みは避けたい…。

ゴールデンウィークが始まってからは、毎日Twitterやインスタなどで、会場や駐車場の混み具合を確認していました。

その中で分かったのは、例年に比べて来場者がかなり少ないということ
(コロナ禍なので当たり前ですが💦)

ゴールデンウィーク中ずっと考えていましたが、旦那さんと相談して最終日の朝一、陶炎祭(ひまつり)に行ってみようということになりました。

 

陶炎祭(ひまつり)最終日

陶炎祭(ひまつり)が開催されているのは、笠間芸術の森公園のイベント広場

開催時間は9時~17時なので、早めに家を出て、8時40分過ぎには駐車場に到着しました。

▼駐車料金は1台500円。

ここに来るまでの道路もそうですが、駐車場もかなり空いていたので、余裕をもって停めることができました。

そこから少し歩くと、ひまつりの看板や会場が見えてきます。

看板の後ろに入場ゲートやテントが見えます。
もう一つの看板。

 

入場ゲートで消毒や検温を済ませて、リストバンドを腕に着けたら会場内へ。

マップを参考にしながら、一軒ずつお店を見ていきます。

始まったばかりということもあり人は少なく、スムーズにお店を見ることができました。

 

普段私たちがよく行くお花屋さん・結いのはなも出店していて、「花とうつわと」という企画展を実施していました。

花や植物にまつわる作品を展示販売。あしらい実施日にはお買い上げいただいた器に希望する方にフラワーショップ「結いのはな」による生け込み、植え込みを有料で行います。

引用元:笠間の陶炎祭(ひまつり)公式サイト

 

 

▶結いのはなで購入したドウダンツツジ。

 

Twitterで見つけて気になっていたお店も発見。

たくさんあってどれも可愛い(*’▽’)!!

 

お目当てのお店

事前に出店される方の情報を見ていたのですが、その中でぜひ行きたいお店が1つありました。

そのお店は、去年笠間で開催されたマルシェに参加していた『さとうともこ/small pins』

 

▶去年開催された、サンヴァレンティーノマルシェについてのブログ。

 

その時に購入したピンバッジがとても可愛くて、ぜひもう一度行きたいと思っていたお店でした。

出店数が多くて迷ってしまいますが、マップを頼りにいざお店へ。

最終日ということで少し心配していましたが、可愛いピンバッジがたくさんありました。

今回も素敵なピンバッジを購入しましたので、後ほどご紹介させていただきます。

 

10時過ぎてくると段々と人が増えてきたので、会場を後にすることに。

たくさんの作品を見ることができてとても楽しかったです!

 

購入したもの

今回のひまつりで購入した作品は合わせて2点。

1つずつご紹介させていただきます。

 

まず1つ目はこちら。

先ほどご紹介した『さとうともこ/small pins』で購入した、ひつじのピンバッジです。

ひつじのもこもこ感が伝わってきて、めちゃくちゃ可愛い( *´艸`)!!

さとうともこさんのピンバッジは、今回のもので3個目。

この方の作品は大好きで、どんどん集めたくなってしまいます。

マルシェなどで出会えたときにはまた購入すると思うので、今後もピンバッジは増えていく予定です。

 

そして2つ目がこちら。

ツヤのある茶色のプレートです。

こちらは茨城県伝統工芸士にも認定されている、小林哲也さんの作品

お店の方に聞くタイミングがなく、陶器や磁器など何に当てはまるのかは分からないのですが💦

全体の形とツヤのある素敵な色に惹かれて、購入を決めました。

裏側はこのようになっています。

会場で見つけたときから、このプレートの上にフラワーベースをのせたいと思っていて、さっそく実践してみました。

何も挿していないフラワーベースですがいい感じです(*’▽’)

プレートの長さがあるので、2種類の花瓶をのせても良さそうです。

今度草花を飾ったときには、改めてブログに書きたいと思います。

 

最後に

陶炎祭(ひまつり)についてご紹介させていただきました。

コロナ禍ということで迷いもありましたが、たくさんの作品に触れることが出来て本当に楽しかったです。

初めての陶炎祭(ひまつり)、とても良い思い出になりました。

 

会場を後にして車に戻ったのが10時半前。

せっかくなので笠間でお昼を食べたかったのですが、時間が早いこともあり、一度水戸に戻ってからランチを食べに行きました。

次回はその時行ったカフェについて書こうと思いますので、よろしくお願いします。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました