【マルシェ】笠間で開催されたミニイベント『ちいさな陶器市』に行ってきました

イベント
スポンサーリンク

こんにちは、つとむです。

今日のブログはマルシェについて。

昨年11月の土日に、茨城県笠間市で開催された「ちいさな陶器市 by陶と暮らし」に行ってきました!

小さなイベントながら、お得で素敵な作品が盛りだくさん(*´Д`)

さっそくご紹介させていただきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ちいさな陶器市

10月2日~11月28日までの土日に、笠間工芸の丘で開催された「ちいさな陶器市」。
(他のイベントが行なわれている日は開催なし)

こちらは10月末に開催された、「陶と暮らし2021」のミニイベント的な位置付けとなっています。

「陶と暮らし2021」の旗がありました。

 

▶「陶と暮らし2021」について、詳しくはこちら。

 

日によって少数のお店が参加するこちらのイベントは、B品(訳あり商品など)を多く販売しているのも特徴の1つ!

11月14日と20日の2日間、会場に行ってきました。

 

11月14日

イベント参加1日目。

栃木県で開催されたマルシェ「coconico(ココニコ)」からの帰り道に会場へ。

この日は笠間工芸の丘に8店ほど出店していました。

建物に沿って出店しています。

 

 

訳ありのB品やアウトレット品を中心に、さまざまな作品が販売されています。

300円コーナー!

 

うれしい半額商品も!!

 

何度か作品を購入したことのある、小林哲也さんのお店も(*‘∀‘)

 

▶5月に開催された陶炎祭(ひまつり)では、素敵なプレートを購入しました。

 

うつわや花瓶など、さまざまな作品が販売されています。

 

11月20日

次にイベントを訪れたのは、翌週の11月20日。

別の用事で笠間を訪れたので、その帰りに会場へ立ち寄ることに。

この日は9店ほど出店していました。

 

この日も小林哲也さんのブースが!作品をじっくりと見て回ります( *´艸`)

 

前回とは違うお店も出店していて、素敵な作品がたくさんありました。

 

購入したモノ

今回のイベントで購入したモノがこちら。

素敵なお皿を3点購入しました!

1つ目は茨城県伝統工芸士・小林哲也さんの作品、白磁鉄絵 角皿

▼茨城県伝統工芸士とは。

茨城県伝統工芸品の製造に従事している方のうち、高度な技術、技法を保持する者を茨城県伝統工芸士として認定し、その称号を付与することにより、社会的な声価を高めるとともに、従業意欲と技術の向上、後継者の育成及び伝統工芸品の次代への継承を図っています。

引用元:茨城県ホームページ

 

こちらはB品ということで、お値段は税込1,400円

近くのセンタープラザに同じ種類のお皿(B品ではないモノ)がありましたが、そちらのお値段は3,080円でした。

どのあたりがB品なのかと思いよく見てみても、あまりよく分からず💦

唯一気づいたところとしては、こちらの黒い点ですが…。

個人的にはまったく問題なし!!

以前購入した陶器のカップとの組み合わせも素敵です( *´艸`)

 

▶陶器のカップについて、詳しくはこちら。

 

つづいては同じく茨城県伝統工芸士・長嶺憲幸さんの作品、白縞皿

サイズ違いで2種類購入しました。

こちらもB品ということで半額に!

お値段は2枚で1,180円と、かなりのお手頃価格です(*´Д`)

B品の理由として、小さいサイズの方は茶色いシミのようなものが。

大きいサイズの方は、後ろ側が少し欠けています

表側は何もなし。

 

裏側が少しだけ欠けています。

 

こちらも自分で使う分にはまったく問題なし!

大好きなキャラクター・ちいかわに登場するハチワレちゃんのように、これも「味」だと思って大切に使います(*´Д`)

 

▶ちいかわについて、詳しくはこちら。

 

最後に

笠間工芸の丘で開催された「小さな陶器市」について、ご紹介させていただきました。

B品のモノを中心に、お手頃価格な作品が多く並ぶこちらのイベント。

今回購入した作品も黒い点や欠けなどはありましたが、自分で使用する分にはまったく気にならず。半額以下のお値段で購入できてとても嬉しいです( *´艸`)

会場となった笠間工芸の丘周辺は自然が豊かで、天気の良い日はお散歩にも最適!

工芸の丘は笠間芸術の森公園内にあります。

 

陶器のイベントなども開催されることが多いので、気になる方はぜひ1度お立ち寄りください。

それでは。

 

コメント