床暖房を付けなかった我が家、その理由と現在の心境

日々の暮らし
スポンサーリンク

こんにちは、つとむです。

今日は我が家の冬の暮らしについて少しお話ししたいと思います。

  

プロフィール欄にも書いてあるのですが、2017年に住友林業で家を建てました。

家が出来るまでにはかなりの回数打ち合わせを重ね、当初の予定では床暖房も付けるはずでしたが、結果として我が家は床暖房を付けませんでした。

スポンサーリンク

床暖房を付けなかった理由

私たち夫婦が家づくりを進めるうえで、ZEH(ゼッチ)という申請に通ることを目標としていました。

 

ZEHとは

ZEHというのは、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略称です。

簡単に説明すると↓

住まいの断熱性能などを上げて、太陽光発電などでエネルギーを創ることでエネルギー収支をゼロ又はプラスにすることが出来る、省エネ性能の高い住宅のこと。 

当時はこの申請に通ると100万円以上の補助金が出るということで、住宅メーカーも推し進めているところが多かったです。

  

私たちもハウスメーカーの営業の方からその話を聞いて、最終的に家を建てることに決めました。
(もちろんZEHだけが決め手となったわけではありませんが)

打ち合わせが始まって最初の頃の図面には、リビングとダイニングに床暖房が付いていました。

設計士の方からの一言

そんなある日打ち合わせをしていると、設計担当の方から思いもよらない言葉が出てきました。

 

「このままではZEHの申請が出せないかもしれません。」

 

最初は意味がよく分からなかったのですが話を聞くと、床暖房が付くことでエネルギー消費が高くなってしまい、申請を出せる基準に届かないとのこと。

その分太陽光発電の容量を大きくすれば大丈夫かもしれないと言われましたが、それだってお金がかかります。

 

その話を聞いたときに、自分の中で本当に床暖房はいるのか?という疑問が湧きました。

賃貸物件に住んでいた頃の冬といえば、エアコンはほとんど使わずにこたつで過ごしていましたし、今の住宅は気密性・断熱性が高いからそこまで寒くないんじゃないかと。

 

結果旦那さんとも相談して、床暖房は付けないことに決めたのです。

 

ZEH合格ならず

床暖房を外したことで無事にZEHの申請が出来る数値にはなったのですが、申請を出した結果
不採択との通知が届きました。 

私たちが家を建てた当時はZEH合格枠に制限があり、申し込みが多かった場合は応募者の中でさらに数値が上位の家が申請に通るという方式でした。

残念ながら私たちの家は上位に入れなかったみたいです。

 

ただ私たち夫婦の場合万が一ZEHが不採択となったときは、補助金と同じ金額分を住友林業側が補填してくれるという内容で契約をしていたので、金額的には損をしなかったことが救いでした。

 

以上が、床暖房が付いていない理由です。

 

新しい家で冬を過ごした結果

新居で暮らし始めてから何回か冬を迎えましたが、結論…

 

新しい家だろうが冬は寒いです。

 

もちろんハウスメーカーや建てる地域によっても変わってくるとは思いますが、私の場合はそう感じました。

茨城は結構寒いんです。

特に私は冷え性なので、最初の冬を迎えたときにはやっぱり床暖房を付ければよかったと心底思いました。

 

今年の冬は暖冬なのでだいぶ助かっていますが、寒い日には家に帰る一時間前ぐらいにエアコンがつくようにタイマーをセットして出かけたりしています。

 

今の夢は…

もうすぐ家を建ててから三年になりますが、十年経ったら床暖房を設置するリフォームをしたいと夢見ています。

その夢を叶えるために、貯金や節約を頑張りたいです。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました