歯列矯正のやり直しで改善したこと・しなかったこと

歯列矯正
スポンサーリンク

こんにちは、つとむです。

前回のブログでは、二度目の歯列矯正を検討していた時の事と、実際に歯列矯正を開始した時のことについて書きました。

二度目の歯列矯正についてのブログはこちら↓↓↓

 

二度目の歯列矯正が終わった時点で、良くなった部分もあれば改善しなかったこともあり…。

今日はその点について詳しく書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

ブラケットを外した時点で改善していたこと

ワイヤーでの矯正期間が終わり、歯につけていたブラケットを外してからはリテーナーを使用しての保定が始まりますが、その時点で改善していたことをまずは書いていきます。

一つ目は、見た目の歯並びが良くなりました。
(矯正治療をしたので当たり前ですが…)

一度歯列矯正をしていたとはいえ、後戻りなどで多少見た目も悪くなっていたので、ブラケットを外した直後はきれいに歯が並んでいて、噛み合わせたときに上下の歯の間にあった隙間も無くなっていました。

 

そして二つ目は、食べ物を噛んだ時の歯の痛みが無くなったこと。

これは私にとって大きな改善点でした。

一度目の矯正をしてからずっと悩まされてきた右下の歯の痛みでしたが、二度目の歯列矯正をしたことで症状が改善。

実際には、ワイヤーで調整を始めてからかなり早い段階で痛みが無くなっていたので、噛み合わせが少し改善したことで症状も良くなったのだと思います。

痛みが消えたことはとても嬉しかったんですが、噛み合わせが少し改善しただけで痛みが消えたということは、今後【後戻り】が起きて歯並びが悪くなると、再び痛みが出てしまう可能性もあるということ…。

またすぐ痛くなるのではないかとずっと不安を感じていました。

以上が二度目の歯列矯正で改善したポイントです。…少ないですね。笑

 

二度目の歯列矯正後、改善しなかったこと

次は、二度目の歯列矯正をしても改善しなかった点について書いていきたいと思います。

 

一つ目は、噛み合わせがそこまで良くならなかったこと。

あれ?噛み合わせが改善したことで歯の痛みが消えたって書いてなかった?と思った方もいるでしょう。

確かに歯の痛みは消えたので、少しは噛み合わせが改善していたんだと思います。

ところが全体的に見ると、噛み合わせが上手くいっていない部分が多く残っていて、食事中にどこで噛めば良いのか分からなくなるという症状は無くなりませんでした。

右下の歯の痛みは無くなりましたが、やっぱり右側に比べて左側の奥歯の噛み合わせが浅く、上下の奥歯が少ししか当たっていない感じがします。

 

二つ目は、徐々に上下の歯のに隙間が出来てしまったこと。

改善したことについて書いたときに、ブラケットを外した直後は上下の隙間が無くなったと書きましたが、日が経つにつれて結局隙間が出現しました。笑

この隙間がどういうものなのか、分かりやすいように絵に描いてみました。

絵の下手さは置いておいて…。

ブラケットを外した直後は、左の絵のように上の前歯が下の歯に重なっていて隙間が無い状態でしたが、時間が経つと右の絵のように噛み合わせが浅くなり、歯の間に隙間が出来てしまいました。
(二度目の歯列矯正前も、右の絵のような状態でした)

舌癖に気をつけて生活をして、舌癖を改善するトレーニングにも取り組んでいましたが、舌癖が残っているのか他に問題があるのか、歯並び(噛み合わせ)が少しずつ後戻りしてしまったのです…。
(もちろんリテーナーは決められた時間使用していました💦)

まぁ、いくら自分で気をつけていても、そんな簡単に舌癖は無くならないということですね。トレーニングと言ってもインターネットで見つけた情報を参考にしただけで、きちんと指導を受けたわけではないですし…

全体的に噛み合わせが浅いのも、やっぱり舌癖が関係しているんだろうとこのときに痛感しました。

 

そして三つめは、顎関節の痛みが残っていること。

二度目の歯列矯正をした後も、顎関節症の症状は無くなりませんでした。

ずっと症状があるわけではなく、定期的に顎関節に痛みが出ます。

痛みが出たときは、顎関節症の治療で通っていた口腔外科で教わったとおりに、口を大きく開けるストレッチをすることで大体は症状が改善しましたが、これでは根本的な解決とはならず…

そもそも顎関節症の原因が歯並びだけにあるとは限らないのですが、症状が改善することを多少なりとも期待していたので、矯正治療が終わっても痛みが残っていたことは結構ショックでした。

 

まとめ

二度目の歯列矯正をした後に、改善した部分と改善しなかったことについて書いてきましたが、最後に分かりやすくまとめたいと思います。

改善したこと(ブラケットを外した直後)

  • 歯並びの見た目が良くなり、上下の隙間が無くなる
  • 食べ物を噛んだときの歯の痛みが改善

 

改善しなかったこと

  • 噛み合わせがあまり良くならず、食事の時に違和感がある
  • 時間が経つと、上下の歯の間に隙間が再度発生
  • 顎関節症の痛み

 

改善したことの一つ目に【上下の隙間が無くなった】と書きましたが、時間の経過とともに隙間が出来てしまったので、結果的に改善していません。笑

結局のところ、食べ物を噛んだ時の痛みが無くなったことが唯一の改善ポイントということになります。

ずっと思っていたことですが、改めてこうして書いてみると、やっぱり同じ矯正歯科でのやり直し治療は失敗だったなと…。

右下の歯の痛みが無くなったことは大きな成果でしたが、使っている矯正装置も治療内容も、一度目の矯正治療の時とほとんど同じことしかしていないので、どうしても悔いが残る結果となってしまいました。

二度目の歯列矯正を終えましたが、改善していない部分があまりにも多く、以前と変わらず歯並びについて悩まされる毎日が続くことに…。

次回はこの続きを書いていきたいと思います。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました