自宅に飾っている枝もの。週に一度のお手入れ方法についてご紹介します

インテリア
スポンサーリンク

こんにちは、つとむです。

以前から憧れていた、自宅に枝ものを飾る生活。

初めて枝ものを購入してから、約3週間が経過しました

インテリアグリーン初心者ということで、ネットで調べながら週に一度は枝ものの手入れをするようにしています

今日のブログでは、私がおこなっているお手入れ方法についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

約3週間経過した枝もの

初めて購入した名前が分からない枝もの

 

ところどころ葉が黒くなってきましたが、全体的にまだ元気そうです。

約10日前に購入した小豆柳は、ふわふわした芽が少しずつ出てきました。

ただ、ふわふわを通り越すと見た目がちょっと毛虫っぽい…

この見た目、どうしても旦那さんが苦手ということで、少しだけ取り除くことにしました。

使用している道具

私が枝ものの手入れに使用しているのは、主にこちらの道具です。

  • 剪定ばさみ
  • 刃物クリーナー
  • さび止めの椿油
  • 除菌消臭スプレー A2 Care

 

私が使用している剪定ばさみは、岡恒 剪定鋏 180mm

 

こちらの剪定ばさみは、元々は庭に植えてある木の剪定をするために購入したもので、その用途で今も使用しています。

木の剪定用ということで切れ味は抜群。枝ものの手入れもしやすいです

 

普段はこちらのケースに収納しています。

 

その他の道具については、のちのちご説明します。

お手入れの手順

いよいよ枝ものの手入れをしていきます。

 

①枝の根元を水洗いして、切り戻し(根元の断面を切ること)をする。

切る位置はけっこう適当で、約1センチぐらい切るようにしています。

この剪定ばさみは太めの枝も切ることが出来るので、かなり便利です。

 

②枝の根元の皮を削る。

本来はカッターなどを使用するようですが、剪定ばさみの切れ味がいいので、刃の部分でこのように削っています。

 

③断面に十字の切れ込みを入れる。

これも剪定ばさみでおこなっています。

 

①から③までを実施することで、枝が水を吸いやすくなり長持ちします

 

花瓶に入れる水の量ですが、私はあまり多くしないようにしています。
(目安として、皮を削った根元の部分がすべて浸かるぐらいの量)

 

あとは花瓶に挿すだけですが、その前にもうひとつ。こちらの除菌消臭剤・A2 Careスプレーを使用します。

 

枝ものやお花を飾るときに重要なのが、水のぬめりを防ぐこと

ネットの情報を参考に、初めはハイターをごく少量入れていましたが、こちらのスプレーがいいと見かけたので購入しました。

切り戻しをした根元部分と、花瓶の水にスプレーをしてから挿すようにしています

前回のお手入れのときに初めて使用しましたが、1週間経っても水のぬめりがほとんど無くいい感じだったので、しばらく使ってみたいと思います。

剪定ばさみ使用後のお手入れ方法

使用後のはさみにはヤニ汚れが付いてしまうので、切れ味が悪くならないよう毎回お手入れをしています。

ヤニ落としに使用しているのが、アルス刃物クリーナー

 

使い方ですが、刃の汚れた部分にスプレーをして、約20秒待ちます。

20秒経ったら布などで拭き取れば完了。その手軽さがとても助かります。

3年近く使用しているはさみなので、黒い筋のようなものが少し残っていますが、毎回お手入れをしているので切れ味は良いままです。

 

そして仕上げに使用しているのが、AZ(エーゼット)刃物椿油

 

刃の部分にオイルをワンプッシュしたら、布などで薄く伸ばし、あとははさみをケースに収納するだけ。

こうすることで刃が錆びるのを防ぐことが出来るので、剪定ばさみを長く使うことが出来ます。

お手入れ後の枝もの

一通り手入れをした枝ものがこちら。

 

黒くなっていた葉を少し取ったので、全体的にすっきりしました。

取りのぞいた葉っぱ

 

小豆柳も、旦那さんが苦手と言っていた部分を軽く取り除きました。

最後に

枝もののお手入れ方法についてご紹介させていただきました。

私の場合はネットで調べた情報をもとに、自分が続けられそうな方法で手入れをすることにしています。

もっと本格的なやり方があるとは思うのですが、あまり工程が多くなると続けられなくなってしまうので💦

自分に出来る範囲で、枝ものを長く楽しみたいと思います。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました