月に1回通院中の歯列矯正。過去の矯正治療との違いとは?

歯列矯正
スポンサーリンク

こんにちは、つとむです。

今日は歯列矯正について。

前回のブログでは、本格的にスタートしたインプラント矯正について書きました。

 

▶歯列矯正について、前回のブログはこちら。

 

今は月に1度、矯正歯科へ通院中。

今日のブログでは、9月と10月の通院時に行なった調整内容についてや、過去の矯正治療との違いについて書きたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

矯正歯科での調整(9月)

 

9月の通院時に行なった、主な調整内容がこちら。

  1. 下の歯に使用しているワイヤーを、少し太いものに変更
  2. インプラント矯正の調整。口蓋部(上あごの天井部分)に埋入したアンカースクリューを支点にして、奥歯を少しずつ動かす(強めのゴムを使用)

 

1に関しては、前回の通院時にもワイヤーを変更しましたが。

今回も少しだけ太さが増したワイヤーに交換しました。

 

ワイヤーを段々太いものに変えて、歯にかける力を少しずつ増やしていくそうです。

 

左下の奥歯が外側に少しはみ出しているので、その部分も矯正していくとのこと。

 

2に関しても、前回使用したゴムよりも強めのものを使って、奥歯を動かしていきます。

調整中、先生がゴムを色々な方向に引っ張りながら、アンカースクリューと奥歯をつなげている感じが伝わってきました。

もしゴムが切れたら、そのときは必ず連絡してくださいとのこと。

矯正歯科まで片道約2時間半かかるので、装置が外れたりしないか毎回ドキドキしています(;´Д`)

 

▶歯列矯正中は虫歯になりやすく危険!おすすめのデンタルケアグッズをご紹介しています。

 

矯正歯科での調整(10月)

 

そこから約1ヶ月。

10月の通院時に行なった、主な調整内容がこちら。

  1. インプラント矯正の調整。アンカースクリューと奥歯をつなぐゴムの交換
  2. 下の歯に使用しているワイヤー部分にも、ゴムを使用する
    (前歯にできたすき間をなくすため)

 

1については、1度ゴムを外してから、新しいものに交換しました。

今回も先生がゴムをひねったりしながら、アンカースクリューと奥歯をつなげていきます。

 

2については、下の前歯がすきっ歯のような状態になっていたので、そこをなくすためにゴムを使用することに。

言葉で説明すると分かりづらいのですが💦

下の歯に使用しているワイヤーに沿うような形で、左2番目の奥歯から右2番目の奥歯まで、1本のゴムで引っ張っています

 

主な調整内容として記載したことの他に、毎回歯のクリーニングも実施しています。

 

▶歯列矯正につきものの口内炎!おすすめの対処法はこちら。

 

過去の歯列矯正との違い

 

インプラント矯正の実施や、矯正歯科での対応など。

過去の歯列矯正との違いはたくさんありますが(´゚д゚`)

最近の調整後に感じた1番の違いは、歯が動くときに感じる痛みが少ないということでした。

 

調整後の痛みが少ない

過去の矯正治療では、月に1度の調整を行なうたびに強い痛みがあり、2~3日は豆腐などのやわらかいものしか食べられず。

毎回かなりの痛みを感じていました。

今回の矯正治療でも、8月の調整後は同じような状況に。

そのため9月の調整時も覚悟していたのですが、その日の夜になっても強い痛みは無く

食べるときに少し痛みはありましたが、噛めないほど痛い!!という、いつもの痛さはありませんでした。

そのまま痛みはおさまり、10月の調整後も同じような感じだったので。

初めは歯が動いていないのかと、少し不安になりましたが💦

感じる痛みの差については、どうやら使用している装置の違いが影響していそうです。

 

セルフライゲーションタイプの矯正装置

今行なっている歯列矯正で使用している装置は、セルフライゲーションタイプというもの。

 

  • 【従来の装置】
    歯に装着したブラケットとワイヤーを固定する際に、細い針金のようなもので結紮(けっさつ、縛りつけること)する必要がある。
  • 【セルフライゲーションタイプの装置】
    シャッターのような構造になっていて、ワイヤーを挟み込むことで固定することができる(結紮しなくていい)

 

セルフライゲーションタイプの装置の場合、結紮する必要がないため、摩擦もより少なく

少ない力でも歯を動かすことが可能になり、感じる痛みも少ないそうです(*‘∀‘)

 

歯が動きやすくなったことで、治療期間の短縮などのメリットも

結紮を必要としないので、毎回の調整にかかる時間も短くなっているように感じます。

 

歯に強い力がかかると、歯根に影響が出ることも。
矯正歯科選びの際には、どのような装置を使っているのかというのも重要なポイントです。

 

問題が発生!

 

10月の通院日から2週間が経過した頃。

下の歯に使用していたゴムの左端が切れて、ブラケットからはずれてしまうという問題が発生しました💦

1本1本のブラケットにゴムがしっかり固定されているので、左端以外は取れていませんが、すぐに矯正歯科へ電話することに。

結論としては、次の調整日(2週間後)までそのまま様子をみることになりました(;´∀`)

邪魔だったらはずれた部分のゴムを切っても良いとのことですが、とりあえずはそのままにしてあります。

 

最後に

9月と10月の調整を終えて。

途中ゴムが切れてしまうトラブルはありましたが、今のところは大きな問題もなく治療がすすんでいます。

3度目の歯列矯正。

改めて書くと、どれだけ歯並びに悩まされているのかという感じがしますが(;´Д`)

別の矯正歯科で治療を受けたからこそ、気づくこともたくさんあるので💦

そういったことも含めて、今後も治療経過についてブログに書いていけたらと思います。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました