【慢性上咽頭炎】つらい症状を改善するために耳鼻科へ通っています【Bスポット】

慢性上咽頭炎
スポンサーリンク

みなさんは上咽頭炎という病名を聞いたことがありますか?

おそらく聞いたことが無いという方のほうが多いのではないでしょうか。

実は私、数年前からこの病気の症状に悩まされていて、去年の10月頃から治療のために耳鼻科へ通院しています。

昨日もちょうど耳鼻科へ行ってきました。

今日はその上咽頭炎についてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

上咽頭炎とは 

上咽頭炎というのは、名前の通り上咽頭に炎症が起こっている状態のことをいいます。

上咽頭というのは鼻の奥から喉(のど)に繋がる部分のこと。

口を開けて喉を見たときに目で見える部分を中咽頭といい、それより上の見えない部分を上咽頭、中咽頭より下の部分を下咽頭というそうです。

 

上咽頭炎が起こる原因 

鼻から吸った空気は鼻の中を通って上咽頭から中咽頭に流れますので、上咽頭は鼻から入ったホコリや細菌、ウイルスが付着しやすい場所になります。

そもそも上咽頭炎の原因ははっきりと分かっていないことも多いみたいですが、

  • 細菌やウイルス
  • 疲労
  • ストレス
  • 体の冷え
  • 空気の乾燥

など、様々なことが原因ではないかと考えられているそうです。

 

上咽頭炎の症状 

上咽頭が炎症を起こしていると、下記のような様々な症状が出てきます。

  • 鼻とのどの間の痛み
  • 粘ついたものが鼻とのどの間にくっついている
  • 後鼻漏(鼻の奥からのどに鼻水が流れてくる)
  • 痰が絡みやすく咳払いが多い
  • 肩や首のコリ、頭痛、頭が重い など。

 

他にも症状が出る場合もあるそうです。

そして私の場合は、上に書いた症状ほとんどが当てはまっている状態💦

上咽頭に粘ついたものがくっついている感じというのは、症状を経験したことの無い方にとってはなかなか分かりづらいことだと思いますが、かなりつらい状態です。

慢性上咽頭炎に悩む方におすすめの一冊

 

上咽頭炎には慢性型と急性型がある

上咽頭炎には『慢性上咽頭炎』と『急性上咽頭炎』があります。

症状が長引いたり、良くなったり悪くなったりを繰り返している場合を慢性上咽頭炎というそうです。

私の場合は何年も同じ症状に悩んでいますので、慢性上咽頭炎に当てはまると思われます。

 

上咽頭炎の治療

上咽頭炎の治療にはBスポット療法という治療が有効であるとされています。
(最近ではEAT(イート)と呼ばれることも)

名前だけ聞いても想像が付きづらいかと思いますが、その内容は実にシンプル。

 

長い綿棒のようなものに塩化亜鉛という液体をつけて、それを口の中から上咽頭に直接塗りたくるというものです。

 

病院によっては鼻から入れる場合もあるそうですが、私が通っている耳鼻科では口からの治療のみ。 

Bスポット療法は別名『上咽頭擦過療法』と言うのですが、擦過=こすることなので、炎症部分に綿棒のようなものをぐりぐりと押しつけられます。

そしてこの治療がかなり痛い(;´Д`)!!

炎症が強い人ほど治療後の痛みが強いらしく、私が初めて治療した日は次の日のお昼過ぎまで強い痛みが続きました。

さらに吐き気も少し出てしまい、治療が終わって家に帰ってから少し横になっていた記憶があります。
(2回目以降は吐き気が出たことはありません。)

ただ、この治療は回数を重ねるごとに痛みが軽減する場合がほとんどだと言われていて、私の場合も段々とそうなりました。

今では治療が終わって2時間ぐらい経つと、ほとんど痛みが無くなっています。

治療が終わった直後はまだかなり痛いですけどね💦

おすすめの鼻うがい【サイナス・リンス】

 

社会人のつらさ

急性上咽頭炎の人の場合は、一度の治療で済む場合もあるそうですが、慢性上咽頭炎の人は週1、2回のペースで治療を行う必要があります。

症状が良くなってきたら段々と回数を減らしていくそうなのですが、頻繁に通院するというのは働いている人にとってかなりつらい部分( ;∀;)

私の場合は職場の方が理解を示してくれて、ありがたいことに通院日は会社を早退させてもらっています。
(早退しないと病院の受付時間に間に合わず…)

それでも週1、2回通うのは難しいので、1、2週間に一回のペースで4ヶ月ほど治療を続けています。

 

現在の症状

治療を始める前よりは良くなってはいますが、それでも完全に症状は無くなっていません。

年末までは順調に良くなっていたのですが、年明けに一度風邪を引いてからはまた後鼻漏の症状が強くなっていますので、根気強く治療に通いたいと思っています。

 

以上、上咽頭炎についてでした。 

この病気については私自身本当に困っていて、まだまだ話したいことがありますので、また次の機会に詳しくお話ししたいと思います。

それでは。


コメント

タイトルとURLをコピーしました