39項目のアレルギー検査(View39)を受けた結果、意外なことが判明しました

身体のこと
スポンサーリンク

こんにちは、つとむです。

先日更新した慢性上咽頭炎に関するブログ。

その中で年々花粉症がひどくなってきていて、今年の花粉シーズンには、上咽頭炎の症状が少し悪化したということを書きました。

 

▶治療開始から18ヶ月が経過した、慢性上咽頭炎について。

 

耳鼻科で上咽頭炎の治療をする際に相談したところ、一度アレルギーの検査をしてみることになり、今回初めてView39というものを受けました。

スポンサーリンク

View39とは

今回私が受けたのは、View39という名称のアレルギー検査です。

▼View39とは。

少量の採血で、一度に39種類のアレルゲン(アレルギーの原因となる物質)を調べることができる検査のこと。

 

吸入系(吸い込んで体に入るもの)食物系(食べて体に入るもの)の中で、アレルギーの原因になりやすいものを一度に調べることができます。

医師により必要と判断された場合は、健康保険が適用されます。

 

アレルギー検査の結果

検査を受けてから約1ヶ月後。

慢性上咽頭炎の治療を受けるタイミングに合わせて、検査結果を聞いてきました。

一枚の紙にグラフで表記されています。

▼吸入系

▼食物系

検査結果は0~6の7段階で判定され、クラス(判定域)2以上で陽性(アレルゲンの可能性が高い)ということになります。

私の場合は、吸入系の中で下記の5項目が陽性という判定でした。

  • ハウスダスト
  • ヤケヒョウヒダニ
  • スギ
  • ヒノキ
  • カモガヤ

※その他に、オオアワガエリはクラス1(疑陽性)という判定。

 

ハウスダストやスギ・ヒノキは、なんとなく予想していた通りの結果でした。

毎年5~6月頃にも花粉症のような症状が出ていましたが、その原因がカモガヤオオアワガエリだということも判明。

この2つはイネ科の雑草で、5月下旬頃からピークを迎えます。
イネ科の花粉症に悩む方も年々増えているそうです。

 

他には、ヤケヒョウヒダニ(チリダニとも呼ばれる小さなダニ)も陽性判定でした。

食物系は今のところ該当するものがなかったので、その点はよかったです(;´Д`)

 

猫アレルギーだと思っていましたが…

今回アレルギー検査を受けて一番驚いたのが、猫アレルギーではなかったということ。

というのも、子供のころに猫を飼っている友達の家にお泊りをしたときに、目や耳がとてつもないかゆみに襲われ、一晩中かなり大変だったことがありました。

その時から「自分は猫アレルギーだ!!」と勝手に思い込んでいたのですが、まさかの該当せず💦

予想外の結果に驚きましたが、猫アレルギーではないということが分かって良かったです(*’▽’)

 

最後に

今回アレルギー検査を受けて、自分のアレルギーについて詳しく知ることができました。

以前の職場では毎年5月ごろ、河川敷の清掃作業に参加していたのですが、それが終わるといつも目や鼻がかゆくなるという結果に。

その原因がイネ科の雑草だったということが今回分かり、気持ち的にもすっきりしました。

イネ科の雑草は道端にも生えていたりするそうなので、これからは道を歩くときにも注意したいと思います。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました