MENU

ブログランキング・にほんブログ村へ
△クリックしていただけると
ブログ更新の励みになります。

つとむ
はじめまして、つとむと申します。
夫婦二人暮らし。2017年に住友林業で家を建てました。茨城で会社員をしながら始めたブログが3年目に突入!
住まいやインテリア・趣味のことなど、さまざまなことについて書き記していきますので、よろしくお願いいたします。

▽楽天ROOMはじめました!

【慢性上咽頭炎】治療を開始して9ヶ月、症状は少しずつ改善しています

  • URLをコピーしました!

こんにちは、つとむです。

慢性上咽頭炎の治療を始めてから約9か月が経過しました。

過去何度か慢性上咽頭炎に関するブログを書いてきましたが、他の記事に比べてアクセス数が多く驚いています!

それだけこの病気や症状に悩んでいる方が多く、インターネットで検索する方がたくさんいるということですね。
(私も慢性上咽頭炎で検索したことが何度もあります)

慢性上咽頭炎に関する前回のブログから約2か月が経過したので、近況についてご紹介させていただきます

▶治療開始から7ヶ月時点のブログはこちら。

目次

現在の通院状況

以前は1~2週間に1度の頻度で耳鼻科に通院していましたが、今はだいたい2週間に一度治療を受けています。

以前よりは少し間隔をあけて通院するようになりましたが、症状が悪化することは今のところなし!

ただ9ヶ月間通院を続けていても、EAT治療をした後は結構な痛みがあります(;´Д`)

▶EAT治療(Bスポット療法)について、詳しくはこちら。

痛みが続く時間は短くなっていますが、あの痛みをまた味わうかと思うと、通院予定日の前日から少しだけ憂鬱な気持ちに💦

でも痛みがあるということは炎症に効いているということなので、頑張って治療を続けています。

症状の改善具合&治療について

約9か月間治療を続けてきて、少しずつですが症状は段々と良くなってきています。

前回のブログでも同じようなことを書きましたが、その時よりもさらに症状が改善!

ただその変化はとてもゆるやかなものなので、慢性上咽頭炎の治療は本当に根気が必要…!!

上咽頭に粘ついたものがくっついている感じもだいぶ改善しましたが、完全に症状が無くなったわけではありません。

場所の説明が難しいのですが、上咽頭のかなり上(奥)の方にまだ少し粘つきが残っている感じがします💦

私が通院している病院では喉からのEAT治療を行なっていますが、薬液をつけた長い綿棒のようなもので上咽頭をこするときに、届くか届かないかぐらいの場所に粘つきを感じるので…。

もしかしたら完全に症状をなくすことは難しいかもしれません。

インターネットで検索すると、病院によっては鼻からのEAT治療を行なっているところもあるらしく、私が粘つきを感じている場所はもしかしたら鼻からの方が治療しやすい部分かもしれないです。

ただ私が通院している耳鼻科の先生も、どの辺りに症状があるかを確認したうえで少しでも気になる部分を治療出来るように、1度の通院で2回に分けてEAT治療を行なってくれています。
(詳しくは前回のブログをご覧ください。)

EAT治療を受けられる病院が家の近くにあることだけでも、とても恵まれた環境だと思うので(´▽`)

鼻からの治療を受けてみたいという気持ちも少しはありますが、今までと変わらず現在通院している病院での治療を継続していきたいと思います。

慢性上咽頭炎に悩んでいる方におすすめの一冊!

鼻うがいの自分なりのやり方【注意点あり】

耳鼻科での慢性上咽頭炎の治療に合わせて自分でも出来るのが、自宅で行なう鼻うがい

今までのブログでも紹介してきましたが、私自身毎日欠かさずこちらの製品を使って洗浄をしています。

●MSMプレフィア 150ml

鼻うがいを始めたころは立っている状態で行なっていましたが、途中からは寝ている状態で洗浄をするようになりました。

さらにここ最近では、少しでも粘ついたものがくっついている部分を洗浄したいと思い、このような方法で上咽頭洗浄を行なっています。

  1. ベッドに横になり、まくらに頭をのせる
  2. 自分のおでこを見るように頭を傾ける
  3. 洗浄液を鼻に入れて洗浄する

▶現在は少しだけ方法が変わっています!詳しくはこちら。

こうすることで粘つきが気になる上咽頭の部分に洗浄液が届きやすくなるので、最近はこちらの方法で鼻うがいをしています。

上記でご紹介しているのは独自のやり方で、正しい方法というわけではありません。
横になることで耳に洗浄液が流れやすくなりますので、実践する場合は十分にご注意ください。

上咽頭洗浄をすると未だにしみるときもありますし、通過した洗浄液に混ざって少しにおいのするものがのどに落ちてくるときもあります💦

まだまだ炎症が残っているということですね(;´Д`)

もう1つの鼻うがい!こちらの製品を使っています。

▶サイナス・リンスを使った鼻うがいについて、詳しくはこちら。

まとめ

治療を続けていると治療後の痛みなどつらいときもありますが、その反面嬉しいことも。

普段生活をしていて、上咽頭の粘つきや後鼻漏の症状を感じる回数が確実に減りました!

治療を開始する前は、仕事中などに症状が気になって何度も咳払いをしたりしていたので…。

完治することは難しくても、症状があまり気にならずに生活出来ている現状を継続していけるよう、治療を続けていきたいと思います。

私自身、慢性上咽頭炎に関するブログを参考にすることが多いので、同じように自分のブログが少しでも症状に困っている方の参考になれば嬉しいです。

それでは。

ブログランキング・にほんブログ村へ

△ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけるととても嬉しいです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次
トップへ
目次
閉じる