【マルシェ】たくさんのショップが集うマーケット。フェルム・ド・フェスに行ってきました

イベント
スポンサーリンク

こんにちは、つとむです。

5月最後の日曜日。こもれび森のイバライド(茨城県稲敷市)にて開催された、フェルム・ド・フェスというマルシェに行ってきました!

広い園内で行なわれた素敵なマルシェ。

少し長くなりますが、写真多めでさっそくご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

フェルム・ド・フェス Vol.8

フェルム・ド・フェスとは、フランス語で「農場のお祭り」という意味。

アンティークや古道具、クラフト作品などを取り扱うショップがたくさん集うマルシェです。

フェルムドフェスを主催しているのは家貨屋 kakayaというお店ですが、こちらのお店、なんと以前ご紹介したつくば蚤の市の主催者でもあります。

 

▶つくば蚤の市に行ってきました。

 

こもれび森のイバライドで開催

5月29、30日にこもれび森のイバライドにて行われたフェルム・ド・フェス Vol.8

私たちは30日の日曜日に行ってきました。

まず驚いたのは駐車場の広さ!!

駐車台数は約2,000台ということで、かなり広大なスペースとなっています。

駐車料金は1台につき500円。
駐車券にはクーポン券が付いていて、園内のショップにて1,000円以上のお買い物をすると、500円のクーポンとして利用することができます。

  

小さなお子様から大人まで楽しめる、こもれび森のイバライド。

通常だと入園料がかかりますが、マルシェが開催されているこの日は無料で入場することができました。

入園ゲートから中に入ると、素敵な景色が広がっています。

 

マルシェの様子

いよいよマルシェの会場へ。

入口からすでに可愛くて、テンションがあがります!!

イバライド園内はエリアごとに分かれていて、各エリアで様々なお店が出店。素敵なモノを販売しています。

▶イバライドの園内マップはこちら。

 

マルシェの入り口を入ると、まず広がっているのが町エリア

つくば蚤の市でブーケを作っていただいた憧れのお花屋さん・カタル葉も出店していました。

 

▶購入したブーケ、ホルムガードのフローラベースに飾っています。

 

今回のマルシェが行われたのは、つくば蚤の市の翌週。

自宅には前回作っていただいたブーケがあるので、今回は我慢しました💦

 

町エリアを抜けると、次に続くのがこもれびエリア

最近欲しいカゴバッグ。最後まで悩みました。

 

 

こもれびエリアのお店を見ていて一番気になったのが、こちらの写真右上に写っているクマの置物

とても可愛くて買いたくなりましたが、お値段が2万円以上ということで泣く泣くあきらめました( ;∀;)

 

こもれびエリアを抜けるとたどり着くのが村エリア

森のどうぶつハウスには、可愛いアルパカがいました!

 

イバライド園内では、汽車のカタチをした周遊バスが走っていたりもして、散策しているだけでも楽しい空間となっています。

 

購入したモノ

今回のフェルム・ド・フェスで購入したモノをご紹介させていただきます。

マルシェには飲食店も出店していて、こちらのお店でジュースとスコーンを購入しました。

この日は気温が高めだったので、美味しいピンクグレープフルーツジュースを飲みながらひと休み(*´Д`)

スコーンは持ち帰って家で食べましたが、ほどよい甘さでサクサクの食感。

とても美味しかったです。

 

つづいてこちら。

ニワトリ模様が可愛い大きめの布です。

タグにはMADE IN GERMANYと記載があるので、おそらくドイツ製の布。

マルシェではカゴに入って販売されていました。

鳥をモチーフにした雑貨が好きで自然と集めていますが、ニワトリ模様はおそらく初めて。

 

▶鳥や花が描かれたBIRDS’ WORDSのポスター、自宅に飾っています。

 

我が家のリビングは細かいモノで散らかりやすく、カゴをいくつか置いてその中に収納することを考え中。

まだどうなるか分かりませんが、カゴのふた代わりにかける布として使いたいなぁと思っています。

 

そして最後がこちら。

素敵な色をした、小さめのプレートです。

裏側にはバックスタンプが。

調べてみたところ、英国ホーンジー社のサフランシリーズというもののようです。

 

つくば蚤の市のブログにも書きましたが、このプレートのような色味が好きで、手に取ることが多いです(*‘∀‘)

つくば蚤の市で購入したお皿と並べてみました。

今回購入したプレートは、「店主の気まぐれセール」と書かれたコーナーに置いてあり、お値段なんと500円(´゚д゚`)!!

目立ったキズや欠けなどもなく、とても状態の良いプレートなので驚きました💦

お得で素敵なモノを見つけることが出来るのも、マルシェの醍醐味!

素敵なプレートを手にすることが出来て、とても嬉しいです( *´艸`)

 

シルバニアファミリーくじに挑戦

園内にはシルバニアファミリー関連のお店やパークもあり、見ていて楽しい気持ちになりました。

村長選なるものが行われていたそうです。
新村長のヴィンセントさん。

 

そんな中気になったのは、町エリアにあるお店の前で行なわれていたシルバニアファミリーくじ

せっかくなので1回チャレンジしてみることにしました。

くじ引きの場所にはたくさんの景品が並べられています。

ガラガラを回して、出た玉の色でもらえる景品が決まるこちらのくじ。(1回600円)

私たちがチャレンジした結果は…白!!

残念ながら1番下の結果となってしまいましたが、こちらの景品をいただきました。

赤ちゃんパーティーシリーズ。
みるくウサギの赤ちゃん。

 

小さい頃に遊んでいたシルバニアファミリー。

大人になってからも気になる存在で、今回のようなくじで当たった人形を少しだけ持っています。

今回の景品、他にもシールを1枚選ぶことが出来たので、大好きなパンダにしました!

シルバニアファミリーにパンダがいることをこの日初めて知りましたが、とっても可愛いです(*´Д`)

 

イバライドで購入したお土産

初めに少し書きましたが、イバライドでは駐車券に500円クーポンがついていて、園内で1,000円以上のお買い物をするときに使用することができます

クーポンが使えるお店が書かれた看板。

 

イバライドに来た記念として、私たちもお土産を買うことに。

りんごのスパークリングジュースと、梅マヨポテトというお菓子を購入しました。

瓶に入ったスパークリングジュースがとてもおいしそう!

冷蔵庫で冷やしてから飲みたいと思います。

茨城限定販売という梅マヨポテト。

北海道のお土産として有名な、じゃがポックルのような感じではないかと勝手に予想しています。笑
(じゃがポックル、美味しくて好きです)

梅マヨネーズ味ということでどんな味がするのか、食べるのが楽しみです(*‘∀‘)

 

最後に

こもれび森のイバライドにて開催された、フェルム・ド・フェス Vol.8。

自然豊かな園内は建物などの雰囲気もよく、とても素敵なマルシェでした。

出店数が130店と多いのも特徴の1つ。

たくさんのお店が出店していることで、自分好みのお店が見つかる確率もグッと上がります。

フェルム・ド・フェスの次回開催予定は、8月後半とのこと。

暑さが苦手なので真夏のマルシェに行ったことはありませんが、少し気になっています(゚∀゚)
(コロナ禍ということで、開催予定が変更となる場合もあるかもしれません)

夏はどうなるか分かりませんが、今後も開催される様々なマルシェ。

ぜひ買い手として参加したいと思います。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました