購入したインテリアグリーンのその後。近況についてご紹介します

インテリア
スポンサーリンク

こんにちは、つとむです。

今年の初めごろ購入した、大きめのインテリアグリーン

そこから少しずつ数が増えていき、今では3種類のグリーンを飾っています。

購入してから数ヶ月。

インテリアグリーンは順調に育っているのか!?さっそくご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

3種類のインテリアグリーン

我が家のインテリアグリーンは全部で3種類。

  • フィカス・ベンガレンシス
  • フィカス・ウンベラータ
  • ツピタンサス

 

それぞれ今はどのような状態なのか、ご紹介したいと思います。

 

フィカス・ベンガレンシス

1月末に購入したフィカス・ベンガレンシス

我が家としては初めて手にした、大きめのインテリアグリーンです。

 

▶購入したときのブログはこちら。

 

購入してから約半年が経過したベンガレンシスがこちら。

初めて購入した大きめのインテリアグリーンということで、枯らしてしまわないかどうか心配でしたが、今のところは無事に育ってくれています。

ちなみに購入した頃のベンガレンシスがこちら。

購入してすぐのベンガレンシス。

 

写真の角度が違うので分かりづらいですが…。

こうしてみると、高さはほとんど変わっていないように感じます。

葉っぱがかなり密集していたので、5月頃に一度剪定を行ないました

葉っぱの様子①
葉っぱの様子②

 

最近出てきた新しい葉は、周りと比べて色が明るく、まだ葉が柔らかいです。

新しい芽も出てきているので、これからの成長が楽しみです。

 

フィカス・ウンベラータ

つづいては、2月末に購入したフィカス・ウンベラータ

 

▶ウンベラータを購入しました。

 

購入してから約5か月が経過した、現在のウンベラータがこちらです。

購入した当時のウンベラータと比べてみると…。

購入したときのウンベラータ。

 

少しだけ大きくなったように感じます(*‘∀‘)

こちらのウンベラータに関しては、一時期ほとんどの葉っぱが黄色くなってしまったこともありました。

4月ごろの様子。
葉っぱがかなり黄色いです。
一度黄色くなってしまった葉は元に戻らず、他の葉へ栄養を行き渡らせるために剪定をした方が良いとのこと。

 

そのため一時期は葉っぱがかなり少なくなったりもしましたが、ここ最近はまた増えてきました。

片面に葉が集中しています。

 

ウンベラータを育てていると、芽から新しい葉が出てくる様子を見ることができるのですが、これがまた面白くて(@_@)

撮った時期がバラバラなので、同じ芽ではないのですが…。

▼出てすぐの芽。

▼芽が少しだけ開いた状態。

▼開いた芽からにょきにょきと出てきて…。

▼小さな葉と一緒に、また新しい芽が出てきました!

 

最初に見つけたときは、葉が少しずつ出てくる様子にちょっとだけ「うわっ(´゚д゚`)!!」となりましたが。笑

今ではずっと見ていたい気持ちになります。

 

ツピタンサス

我が家のインテリアグリーン3つ目は、4月に購入したツピタンサス

 

▶ツピタンサスを購入したときのブログ。

 

こちらのグリーンが一番日が浅いですが、購入してから約3ヶ月半が経過しました。

現在の様子がこちら。

購入した当時の写真と比べてみると…。

購入してすぐのツピタンサス。

 

元気に成長しているのが分かります!幹も伸びて、高さが出てきました。

葉っぱは変わらずきれいな緑色。

葉っぱの数も増えてきました。

幹の部分の少しゴツゴツとした感じが好きです(*’▽’)

どんどん成長しているツピタンサス。

パソコンスペースとテレビの間にこちらのグリーンを置いているのですが、最近ではパソコン作業中にちょっとテレビを見ようと思うと、葉っぱに隠れてテレビ画面が見づらくなってきました💦

ちょっとしたことで成長が感じられるのも面白いですね。

 

水やりの頻度

水やりについてですが、根腐れを避けるため、あまり頻繁には水をあげないようにしています。

根腐れとは、植物の根が腐った状態のことです。根腐れは根の先端部分から徐々に腐っていき、放置すると、幹が株元から腐って枯れていきます。

引用元:HORTI by Green Snap

 

サイズの大きいベンガレンシスは、水やりのたびに鉢を取り出し家の外へ

涼しい時期は約2週間に一度、最近は暑くなってきたので約1週間に一度、鉢の底から流れ出るまで、たっぷりとお水を与えています。

ちなみに我が家のベンガレンシスは、鉢カバーと鉢植えの間にほとんど隙間がなく…。

この状態だと、水やりをするときに鉢が取り出しづらかったので、今は鉢カバーの中にエアークッションを入れて、少しだけ底上げしています。

カバーの底に入れてあるエアークッション。
鉢が底上げされています。

 

こうすることでだいぶ鉢を取り出しやすくなりました。

 

ウンベラータとツピタンサスも大体同じぐらいの頻度ですが、こちらも根腐れを防ぐため、水を与えるのは土が乾いてから。

この2つに関しては鉢が小さいので、キッチンのシンクで水やりをすることが多いです。

あとはすべてのグリーンに共通して、水やりの際に葉水を行ない、その都度葉を拭いています

 

▼葉を拭く際に便利な、洗ってくり返し使えるペーパータオル。

 

ハダニが発生!!

インテリアグリーンを飾るようになり、特に気をつけていたのが虫がつくこと

こまめにチェックをして、虫がつかないよう葉水なども行なっていましたが、ウンベラータに(おそらく)ハダニが発生してしまいました(;´Д`)

ハダニはクモの仲間で、体長0.1〜0.8mmほどの黄緑色や茶色の虫です。肉眼で捉えることはが難しいですが、糸を吐き出す習性があるので、薄い天幕のような網が葉に見られれば、発生しているという、ひとつの目安になります。主に葉の表面や裏側に寄生して、植物の養分を吸汁します。

引用元:Green Snap

 

写真だと少し分かりづらいですが、葉のウラにぽつぽつとある黒い点が、ハダニと思われるものです。

最初はただの汚れかと思いましたが、取ろうとしたところ黒い点が動いたので、虫であることが発覚。

数が少ない場合は取り除くだけでも良いそうですが、他の葉にも発生していたので、こちらの殺虫殺菌剤を使うことにしました。

今回使用したのは、住友化学園芸のベニカXファインスプレー1,000ml

 

こちらのスプレーは主に庭の植栽や木に使用していますが、ネットで調べたところハダニにも効くとのことで、今回ウンベラータに使用しました。

スプレー表面にも対象の虫が書いてあります。

 

スプレーをするときはもちろん屋外で。

葉の表と裏、幹の部分まで全体的にスプレーを吹きかけます。

一度スプレーをしただけでは、ハダニは完全にはいなくなりませんでしたが、間をあけて2~3回行なったところほぼ見かけなくなりました。

それからしばらくして、今でも時々ハダニを見かけますが、頻度はそこまで高くないので、その都度取り除くことで対処できています。

 

最後に

我が家に飾っている、3種類のインテリアグリーン。

購入した当初は水やりなど心配な点もありましたが、今のところは大きな問題もなく大丈夫そうです。

ただこれから夏に突入するので、水やりの頻度が増える可能性も。

ベンガレンシスは鉢が大きいので、平日に外へ出して水やりをするのは少し難しく、どうしようか考え中です。

ただ鉢が大きいグリーンの場合、夏でも水やりは週に一回程度で良いとも書かれていたりするので。

やはり今後の状態を見ながら決めていくことになりそうです。

ツピタンサスとウンベラータに関しても、今までと同様に土の状態を見て、根腐れに注意しながら水を与えていきたいと思います。

インテリアグリーンがどのように成長していくのか。

今後もまたブログに書きたいと思いますので、そのときはよろしくお願いします。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました